カラスが鳴くと人が死ぬ-日本に伝わる迷信の意味-

都会のカラスは悪さをする嫌われ者ですが、三本足のカラスは神の使いとされています。 童謡にも歌われるかわいいイメージもあるのですが、ほとんどカラスのイメージは、墓場とか、死の使いとか、真っ黒な色から、怖いイメージがつきまといます。 だから、カラスは不吉の前兆として「カラスが鳴くと人が死ぬ」という迷信が伝えられてきました。なぜそんな迷信が生まれたのでしょうか?

忍者発祥の秘密と誕生秘話

忍者の土地と言うと、甲賀や伊賀が有名です。しかし忍者という職業は最初どこで生まれたのだろうか?忍者は聖徳太子の部下だったのか? 忍者の元祖は源義経だったのか? または古代中国の孫子か、渡来人の猿楽師だったのか?その謎を解いてみると…

友達付き合いの作法「親しき仲にも礼儀あり」

さりげない仕草や、無意識に言ってしまった言葉や行為で相手を傷つけてしまうこともあります。 大抵はすぐに気づいて仲直りできればいいのですが、歳を重ねるごとに自分のプライドが邪魔してすぐに謝ることができないことで、相手と距離を置いてしまって友人関係にヒビが入ることもあります。 良好な友人関係を長く続けるためにも、友達付き合いのマナーを知っておくことが大切です。

仕事の上司は怖くない。タイプ別の職場の上司との付き合い方

早く職場の環境に馴染んで、仕事がスムーズにできるようになりたいという気持ちがあるのはわかりますが、上司方とのコミュニケーションを誤ると、変な誤解を招いて仕事がとてもやりにくくなるだけでなく、仕事以外のストレスを溜めることにもなるので要注意。

スポンサーリンク