日本語と言霊,言葉の語源,迷信の由来

日本人の多くが自分は無宗教だという割には、現世利益を求めて悩みや願い事があると、神様にお願いをします。「困ったときの神頼み」「苦しいときの神頼み」ということわざもでるぐらい無意識のうちに神様への信仰を口にします。日本には古くから仏や神 ...

日本語と言霊,迷信の由来

セアカゴケグモ、ハイイロゴケグモなどニュースで注意を促すぐらい危険な毒蜘蛛が海外から日本に渡ってきています。そんな危険で悪いイメージを持つ蜘蛛ですが、本来日本人は蜘蛛と運勢を結びつけるぐらい神聖な昆虫でした。

幼いころに家 ...

日本語と言霊,迷信の由来

都会のカラスは悪さをする嫌われ者ですが、三本足のカラスは神の使いとされています。

童謡にも歌われるかわいいイメージもあるのですが、ほとんどカラスのイメージは、墓場とか、死の使いとか、真っ黒な色から、怖いイメージがつきまとい ...

日本語と言霊,迷信の由来

長くてニョロニョロと動く蛇が苦手という人は意外といますが、同時に蛇は霊的な力を持つ生物だと信じている人も多い。

その夜に口笛を吹くと蛇が現れるという、なんとも奇妙な迷信が日本にあります。

蛇の不気味さから生まれた迷信 ...

日本語と言霊,迷信の由来

「通りゃんせ、通りゃんせ、ここはどこの細道じゃ。天神様の細道じゃ」

今ではあまり見かけ無くなりましたが、昭和の時代には子供たちが集まってこの童謡を歌いながらよく遊んでいました。

幼い頃は歌の意味も考えず、ただ覚 ...

日本語と言霊,現代の暮らし,言葉の作法

日頃仕事をしていく中で、取引先に謝罪をしなければならないことは、どんなに注意をしていても起こってしまうものです。

会社やお店を揺るがすような大きな事件ではなく、接客時の些細なミスでも、言葉遣いひとつでかなり印象が変わってし ...

日本語と言霊,迷信の由来

景気が良いと言われても、自分の周りを見ているとそうでもない。ではこの先、良くなっていくのかと思えば、絶対にそうなるとは言い切れない。そんな不安定な社会状況の中では、お金が増えても使わずに貯蓄に回す人が多くいます。

それが現 ...

日本語と言霊,迷信の由来

猫を愛でるのは昔も今も変わらずに人気がありますが、日本には化け猫伝説があったり、人に近い存在で愛される動物だからこそ、その情が仇となって奇怪な動物として描かれたりもしました。

猫にまつわる迷信もいくつか存在しています。