日本語と言霊,迷信の由来

京はお口のべっぴんさん

京都には「京はお口のべっぴんさん」という言葉があります。
この言葉を聞くと、京都には美しい顔立ちの上品な人がたくさんいるんやなぁ~ってイメージしていまいますが、いやいやこれを違う言い方をすると、
「京都には言葉上手に言 ...

日本語と言霊,迷信の由来

お茶碗

食事時に、お母さんが食器を食卓に並べていると、お腹が空いて待ちきれない子供は、早く食べさせろと食器を箸やスプーンで叩いて催促をしはじめます。

昔はご飯をお櫃にいれ、おかずも食卓に食器を並べてからよそったものでした。今ではキ ...

日本語と言霊,言葉の語源

鰻と食べ合わせ

良いことがあると次に必ず悪いことが起きるかもしれないとか、食べ合わせのこととか、古くから言われている迷信はたくさんあります。

どれも私達の日常の行動を戒めるために、先人たちが伝えてきたことです。その幾つかを紹介します。

日本語と言霊,迷信の由来

Thumbnail of post image 016

トイレには神様がいると歌になったぐらい、昔から言い伝えがあります。

自分が自然から得た食物を、また自然へと還す排泄行為をする神聖な場所としてトイレがあります。

今のような水洗トイレでは、ピンと来ない話ですが、昔 ...

日本語と言霊,言葉の語源

いっちょうら

使い勝手の良い製品に対して「これは良いあんばいだなぁ」、食事の席で休養ができた時に「いただき立ちで失礼します」、「今日着てる服は僕のいっちょうらなんだよ」とスーツを自慢したり、10年間修行した家具工房から独立する際に師匠から衣鉢を継ぐ ...

日本語と言霊,言葉の語源

徒花、あられもない、行火など懐かしい日本語の意味と語源を学ぶ

現代でも使われている言葉から、もうほとんど使われなくなった言葉まで、美しく懐かしい日本語をまとめたい。

あの女優は時代の徒花だね。あの女優のあられもなく肌を露出している。こんな寒い日は行火を用意しようかな。

こ ...

日本語と言霊,迷信の由来

寝言

家族や友人、または仕事で相部屋になった同僚などに「昨夜、寝言を言ってたよ」と言われるとなんだか恥ずかしいものです。

変なことを言ってなかっただろうか?と気にしてしまいますが、寝言も人それぞれです。

人によっては ...

日本語と言霊,迷信の由来

わらじ

靴紐が突然切れるというのは、滅多に起きないことだけに、これから何か良くないことが起きるのではないかと勘ぐってしまうのも無理はありません。

特にこの話は、スポーツをしているアスリートがよく信じているという。

この ...