日本語と言霊, 言葉の語源

妙に運がいい人、人に人気のある人、リア充な人を見ると羨ましくなったりすることってありませんか?
そんなときに自分の浅ましさが露骨に現れたりして、自己嫌悪に陥ることがあります。
そんな負の感情を表す言葉の語源を探ります。 ...

日本語と言霊, 言葉の語源

感情にまかせて、つい口をついて出てしまう言葉や、心に浮かぶ言葉が私たちにはあります。
日本人はとても感情豊かで、それを言葉に表現するのもとても上手です。
その言葉の語源を紐解いていくと、その言葉に秘められた意外な真実を ...

日本語と言霊, 言葉の語源

「ほとんどの日本人は、学校で何年間も英語の授業を受けているのに、英会話ができない」とよく言われる。たしかにそうかもしれない。
そもそも学校で習う英語は、実用的な英会話ではなく、あくまでも試験対策用の英語なので、学生を批判するわ ...

日本語と言霊, 言葉の語源

ニホン、ニッポン、ジャパン、ジャポン、ヤーポン・・・日本の呼び名はたくさんあります。
これも最近のことではなくて、ずいぶん昔からいろいろな呼び方があったようです。
その由来を探ってみましょう。

英語表記はなぜ「J ...

伝統と地方文化, 日本語と言霊, 言葉の語源, 風習としきたり

現代でも、絶交したり仲間はすれにすることを「村八分」と表現することがあります。

現代ではほとんど死語になりつつありますが、少し前までは急に周りから無視されて「村八分にされた~」なんて冗談っぽく言うことがありました。

伝統と地方文化, 日本語と言霊, 言葉の作法, 風習としきたり

特別の場面で、用いてはならない不吉な数字があります。
これは、忌み数とよばれるものです。
言霊信仰に由来し、古代人は、同音の言葉の言霊は同じはたらきをすると考えていました。
そのために、特定の数字の音が、特別の ...

日本語と言霊, 言葉の作法

日本には、多くの忌み言葉があります。
結婚式や葬式のときに言ってはならない言葉や、受け手の状況によって手紙で使ってはいけない言葉などをいいます。

忌み言葉は、円滑な人間関係の維持に必要

結婚式の場で、「切れる」とか、 ...

日本語と言霊, 言葉の語源

道楽息子は放蕩息子ともいうように、怠け者や身持ちのよくない人間をさします。
「女道楽」や酒、賭け事にうつつを抜かすのは「道楽者」。
このように「道楽」という言葉は、好ましくないニュアンスで使われることも多い。

道 ...