日本語と言霊, 言葉の語源

オレオレ詐欺に結婚詐欺、政治家の政務活動費の誤魔化し、偽ブランド品など、どうしてこうも人は騙されるのだろう、騙したいと思うのだろうと不思議です。このように人にわからないように何事も無く日常に溶け込みながら詐欺的な行為をする人を指して、 ...

日本語と言霊, 言葉の語源

日本人の好きな和菓子の代表と言えば「まんじゅう」です。
昔から数多くの種類のまんじゅうがあり、何か流行するとそれにちなんで○○まんじゅうというのが必ず販売されます。
外見は違っても基本的には中身があんこの非常にシンプル ...

日本語と言霊, 言葉の語源

社会生活を営んでいると他人との絡みで迷惑を被ったり、逆に迷惑を掛けることになったりすることがあります。
そんな時につい口をついて出てしまう言葉や、そんな様子を表現する言葉が日本にはあります。
普段何気なく使っている言葉 ...

日本語と言霊, 言葉の語源

夕方、太陽が沈んで徐々に暗くなっていくほんの一時の間、その日の出来事や想いを振り返りつつ、ただその場の空気を味わう。
明日はどんな1日だろうか?今日に満足できただろうか?実に様々なことを想ったり、逆に何も考えずに無心で空を眺め ...

日本語と言霊, 言葉の語源

色や臭いが健康のバロメーターと言われる「うんこ」という言葉。
文字にするとなんだか可愛らしいですが、普段から何気に使っている言葉の語源を調べると面白い。
またトイレに一人で入れなかった幼い頃に使っていた「おまる」。語源 ...

日本語と言霊, 言葉の語源, 風土と観光, 食事と和食文化

ご飯を炊飯器などからお茶碗に入れる時のことを、「盛る」と言うのか、「よそう」と言うのか、どちらが正しいのでしょうか?
大盛り中盛りという言葉があるので、やっぱり「盛る」が正しいのか?

ご飯を「よそう」の粋な語源とは?. ...

伝統と地方文化, 日本語と言霊, 神と仏と信仰, 言葉の語源, 風土と観光, 風習としきたり

今は山ガールで賑わう富士山も江戸時代までは女人禁制でした。
今でも女人禁制の山があり、お祭りのしきたりなどが残っている地域があります。
女性差別の古い風習に捕らわれてはいけないと声を荒げる人々もいるようですが、日本の歴 ...

日本語と言霊, 言葉の語源

普通に社会生活を営んでいると、対人関係において様々な疑念や疑惑にさらされることになります。
ただその気持ちをストレートに表現してしまうと、よけいに角が立ってしまいます。
日本語はそんな気持ちをやんわりと表現する言葉がた ...