和の作法, 風習としきたり

人間関係は挨拶で始まり、挨拶で終わると言っても過言ではありません。

挨拶は、もともと仏教用語で、禅宗用語でした。僧たちが質問をしあうことで、お互いの悟りの深さを測る行為。
そこから、お互いの心を押して開くという意味 ...

和の作法, 風習としきたり

私は正座が苦手です。
日本での暮らしも昔のように畳の上に座る生活から、椅子に座っている時間の方が長くなりました。
そのため正座をする機会が少なくなり、改まった席なので正座をするとすぐに足がしびれてしまいます。 ...

和の作法, 風習としきたり

普段相手に言い表す時は最初に頭を下げるのが日本人です。
これは幼い頃から周りの大人達や親から躾けられて身に付いた大切な習慣です。
最初はなぜ頭を下げるのかわからなかったけれども、周りの大人達がお互いに頭を下げて挨拶する ...

和の作法, 風習としきたり

社会人になれば大人のマナーとして数人で集まった際に、誰がどの席へ着くが、というのはとても大切なことになります。
特に上座と下座のことをよく知っておかないと、相手に不快な気持ちをさせることになってしまいます。

上座と ...