和の作法, 風習としきたり

人が亡くなると、お墓や仏壇の位牌に戒名を彫ります。
これは宗派によって様式が異なり、そもそも戒名がなぜ必要かと問われると、昔からの風習としか伝わってきません。
戒名の値段も使用する文字によって変わったり、はっきりとした ...

和の作法, 風習としきたり

一般的に「布施」とは、葬式や法事などを行った際に僧侶に差し出す心付けを指しますが、四国巡礼や秩父巡礼などで、地域の人たちが巡礼者に与える金品も「布施」といいます。
お布施の由来は、もともとは仏や僧侶、さらには貧しい人に対して衣 ...

和の作法, 風習としきたり

かつての通夜では、遺体を納棺せずにふとんに寝かせたまま、遺族や近親者たちがロウソクと線香の火を絶やさないようにして、遺体とともに一夜を明かすのが習わしでした。そのため通夜は、「夜伽(よとぎ)」とも呼ばれました。

では、何の ...

和の作法, 風習としきたり

北枕で寝ると縁起が悪い!と親から言われた経験は、誰しも一度はあると思います。
古くから日本では、北枕で眠ることはタブー視されています。
それは仏教や葬儀に関連する風習が、根強く残っているからだといわれています。

和の作法, 風習としきたり

人は必ず死を迎えます。
核家族化で先人の知恵や習慣を受け継がれなくなった世代には、お葬式に関する知識や葬儀のしきたりなどは全く知らないでしょう。
身近な人が死期を迎えることは、人間がこの世に誕生してから、必ず存在し、そ ...

和の作法, 風習としきたり

日本は言霊の国であり、言葉の持つ意味に対してとりわけ敏感なため、手紙のなかでも忌み言葉を避けてきました。

手紙の禁忌言葉

日本は言霊の国であり、言葉の持つ意味に対してとりわけ敏感なため、手紙のなかでも忌み言葉を避けてきました ...

和の作法, 風習としきたり

四季の変化に富んだ日本では、季節に対する感性が磨かれていきました。
日本人は季節の移り変わりにとりわけ敏感で、手紙でも、四季折々の情景を折り込んだあいさつで始めるのが、習わしとなっています。
現代はその感性も鈍っている ...

和の作法, 風習としきたり

日本では、手紙文を書く際に、頭語(冒頭に書く言葉)と結語(結びに書く言葉)を入れるのが一般的です。
例えば、「拝啓」で始めて、「敬具」で締めるのが頭語と結語の組み合わせです。

どうして「拝啓」で始めて「敬具」でしめるのか ...