迷信の由来一覧

カラスが鳴くと人が死ぬ-日本に伝わる迷信の意味-

都会のカラスは悪さをする嫌われ者ですが、三本足のカラスは神の使いとされています。 童謡にも歌われるかわいいイメージもあるのですが、ほとんどカラスのイメージは、墓場とか、死の使いとか、真っ黒な色から、怖いイメージがつきまといます。 だから、カラスは不吉の前兆として「カラスが鳴くと人が死ぬ」という迷信が伝えられてきました。なぜそんな迷信が生まれたのでしょうか?

便所をきれいにすると美しい子が生まれる-日本に伝わる迷信の意味-

今のような水洗トイレでは、ピンと来ない話ですが、昔は排泄物を川へ流したり、畑の肥料に使ったりしていたので、常に私達の排泄物も自然の循環の中に組み込まれていたのです。 だからその神聖な場所であるトイレを美しく保つようにするのは、当然のことだという意識が芽生えるのもわかるような気がします。