日本語と言霊, 迷信の由来

トイレには神様がいると歌になったぐらい、昔から言い伝えがあります。

自分が自然から得た食物を、また自然へと還す排泄行為をする神聖な場所としてトイレがあります。

今のような水洗トイレでは、ピンと来ない話ですが、昔 ...

日本語と言霊, 迷信の由来

子供の頃、移動するお社のような、豪華絢爛な宮型と呼ばれる霊柩車を見かけると、急いで親指を隠していました。

親指を隠さないと、霊に取り憑かれると思っていたようです。

現代ではお社のような荘厳な霊柩車もほとんど見か ...

日本語と言霊, 迷信の由来

家族や友人、または仕事で相部屋になった同僚などに「昨夜、寝言を言ってたよ」と言われるとなんだか恥ずかしいものです。

変なことを言ってなかっただろうか?と気にしてしまいますが、寝言も人それぞれです。

人によっては ...

日本語と言霊, 迷信の由来

靴紐が突然切れるというのは、滅多に起きないことだけに、これから何か良くないことが起きるのではないかと勘ぐってしまうのも無理はありません。

特にこの話は、スポーツをしているアスリートがよく信じているという。

この ...

日本語と言霊, 迷信の由来

何かと忙しい朝、身だしなみチェックに時間をとられるあまり、遅刻しそうになり、出がけにあわてて置いていた手鏡をまたいでしまう。

すると、苦虫を噛みつぶしたような顔の両親に「鏡をまたぐなんて、不謹慎なことをして!」と怒られたこ ...

伝統と地方文化, 日本語と言霊, 迷信の由来, 風習としきたり

秋になると旬を迎える果実といえば柿。

どこでも育つので、庭に植えている家もよく見ます。

昔は柿が実っていると、子供は率先して木に登って実を取って、そのまま食べたものです。中には渋柿があって、知らずにかじるととん ...

日本語と言霊, 暦と歳時記, 迷信の由来, 風習としきたり

子供の頃、パチンパチンと夜に爪を切り出したら必ず母親が「夜に爪を切ったらアカン!」と怒られたものです。

今ではそんなことをいう親も少なくなったと思いますが、この「夜に爪を切ってはいけない」という風習がどのように生まれたので ...

日本語と言霊, 迷信の由来

夏に花火をしたり、キャンプファイヤーをしたり、寒い日に焚き火をしていた子供の頃は、燃え上がる炎を見ながら、妙に気持ちが高ぶったものです。

モノが燃えるという不思議さと、ゆらゆらといろいろな形に変化していく炎や、ぱちぱちと燃 ...