伝統と地方文化, 風習としきたり

日本は古くから八百万の神に対する信仰が根付いています。
だから家や建物を新築する際には、その土地に宿る神々の許しを請い、末永く守ってもらえるように祈願する祈祷を行います。
そんな家の建築にまつわる風習を解説します。 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

昔から日本人は、ふだんどおりの日常生活を送る日を「ケ(裏)」の日と呼びました。

これに対して、神社の祭礼やお寺の法会、正月や節句、お盆などの年中行事、冠婚葬祭を行う日を「ハレ(晴れ)」の日として、単調になりがちな生活に変化 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

お盆の時期になると、全国の至る所で盆踊りが行われます。
もともとは、年に一度、文字通りお盆のときに、先祖の霊がこの世に戻ってきたのを供養するために踊ることを意味します。

盆踊りの起源

盆踊りの原型は、鎌倉時代、時宗の ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

絶滅危惧種に登録されて間もない鰻は、日本人にとって欠かせない食材です。
四季の環境変化が大きい日本人は、季節の変わり目に体調を崩したりしないように、滋養強壮の栄養価の高い鰻を食べる習慣があります。
それが土用の丑の日に ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

年に2回百貨店や通販サイトが賑わう時期といえば、お中元とお歳暮です。

お中元とお歳暮は、親戚や日頃お世話になっている人に対して、贈り物をする習慣です。
この時期が近くなると、百貨店などで商品を予約して、相手先に配送 ...

伝統と地方文化, 神と仏と信仰, 風土と観光, 風習としきたり

新緑が鮮やかになり、山々が最高潮に美しくなる頃、各地で山開きの行事が行われます。
山開きというのは、山の神様に山に入ることを告げて、シーズン中の安全を祈願する神事でもあります。

富士山の山開き

日本一の山であり世界遺 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

浮世絵の見方といえば、絵師の画業に光を当てた内容が多いものです。
そこで見る浮世絵も喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重と有名な絵師ごとに作品を見比べながら、画風を眺めるという見方をみんなしています。

とこが最近、浮世絵 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

江戸時代の学校と言えば「寺子屋」。
寺子屋で使用されていた教科書のことを「往来物」といいます。
もとは手紙の行き来で読み書きを学んでいたことから、こう名付けられたそうです。

往来物の起源は平安時代までさかの ...