伝統行事と祭り, 風土と観光

お祭りで神に奉仕する人は、当日までの一定期間は心身を清らかにするために「物忌み」をします。

神はケガレを嫌い、清浄であることを好むからです。
もしも祭りの奉仕者にケガレがあれば、神は降臨されず、逆に怒りを買い神罰が ...

伝統行事と祭り, 風土と観光

迫力のあるお神輿やたくさんの屋台が並び、人が賑わうお祭りはとても楽しいものです。
子供も大人もみんなが笑顔になります。
でも祭りの主役は「神様」であることを忘れてはいけません。

だから昔から日本人は祭りの時 ...

伝統行事と祭り, 風土と観光

神社のお祭りに行くと、必ず木が立てられていることに気づいていますか?
一番良く見かけるのが幟(のぼり)です。
境内で風にはためく幟を見ると、祭りだなぁという感じがします。

でも重要なのは幟の布の部分ではなく ...

伝統行事と祭り, 風土と観光

「神撰」「神供」といえば、神前に供えるお酒や供物のことで必ず神様に食べ物や飲み物をお供えする風習があります。
神様が食事を召し上がっている間は、灯明を灯したり、篝火を焚いたりします。

昔は照明といえば、火しかありま ...

伝統行事と祭り, 風土と観光

現代の日本人は交通インフラが発達しているから、北海道から沖縄、海外でも住処を変えることができます。
でも移動が限られて、自然をご神体と信仰していた古代の日本人には、ご神体を移動するという考えは無かったと思います。

...

伝統行事と祭り, 風土と観光

いつの時代も日本人は、お祭りが大好きです。
それはただ単に祭り騒ぎが好きだって言うんではなく、お祭りと言うセレモニーの中に、日本人の信心深さ、神様に対する姿勢の物語が受け継がれてきたからです。

今では神事に関係なく ...

伝統行事と祭り, 風土と観光

大きな祭りを本気で楽もうと思ったら、人であふれる本番当日に行くよりも、前日か前々日の宵宮に行くといい。
祭りの良さを知っている地元の人ほどそう考えるでしょう。

実は宵宮こそが、神の降臨を仰ぐ祭りの中心と考えられてい ...