伝統と地方文化,日本語と言霊,現代の暮らし

大人になっても、子供のように食事時にご飯をポロポロ落としながら食べる人がいます。

さすがに大人に注意することはできませんが、子供であれば「ご飯をこぼすと目が潰れるよ!」と言えるのですが。

飽食の時代と言われ、毎 ...

和の作法,暦と歳時記,風習としきたり

お中元、お歳暮は両親、親戚、仲人、恩師、習い事の先生など、日頃、お世話になっている人に感謝の気持ちから贈る季節の挨拶です。

でも現代の常識では、病院の医師や学校の先生、得意先企業などの個人宛は受け取りを禁止もしくは遠慮する ...

和の作法,風習としきたり

働いている職場で、上司や部下を呼ぶ時に名前にプラスして何か敬称をつけていますか?

職場で意外と気を使うのが上司や部下の呼び方です。

普通は上司は役職名で呼ぶと思いますが、人によっては「堅苦しいから、役職で呼ぶの ...

和の作法,風習としきたり

TwitterやブログやFacebookなど、SNSと呼ばれるインターネットを使ったコミュニケーションを楽しんでいる人は多くなる一方です。

学生や親しい間柄、同じ趣味人間で交流する際はそんなに気にせず投稿していた内容も、社 ...

伝統行事と祭り,暦と歳時記,風土と観光

十五夜は旧暦の8月15日の月夜の行事のことです。
月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている現在の暦にはズレが生じるので、毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。

旧暦の8 ...

和の作法,日本語と言霊,言葉の作法

集合住宅などによく見られますが、隣に誰かが引っ越してきても全く気づかないのが普通になりました。
昔は隣近所に引っ越しの挨拶をしたものですが、いつからこんなにギスギスした社会になってしまったのでしょうか?
神様を敬う礼儀 ...

和の作法,暦と歳時記,風習としきたり

ちょっと暑くなってきたり、寒くなってきたりすると衣替えをしなきゃと気が焦り出します。
面倒だからと言って後回しにしていると、季節外れの衣装をいつまでも着てしまうことになり、ちょっと恥ずかしいものです。
日本には季節ごと ...

和の作法,風習としきたり

来客があることがわかっているときはチャイムが鳴ったら、すぐに玄関に出るのが常識。
わざわざ自宅まで来ていただいたという事に対して、感謝の気持ちを伝える意味でも笑顔で迎える方が好印象を与えます。
そこからお客様を部屋に案 ...