和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 132

今の社会では大人も子供も常識がない、行儀がなっていない、という声をよく耳にします。でもそう言っている大人たちは、果たして行儀作法ができているだろうか?また行儀作法を他人や子供に伝えているだろうか?

昔は社会生活から日常生活 ...

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 038

訪問先の玄関を上がったら、部屋に通されるまでの振る舞い方も大切です。親しい間柄でも、そうでなくても、もし相手がご家族とお住まいなら、知らないうちに見られて品定めをされているかもしれません。
気を抜かずに、とはいえリラックスして ...

伝統と地方文化,風習としきたり

Thumbnail of post image 161

お葬式に伴う風習として、お布施や香典などお金にまつわるものがあります。
人付き合いが希薄になってきている風潮の現代では、金額に迷うことも多いようです。
お葬式自体も最近は業者任せになっていることがほとんどで、病院から葬 ...

伝統と地方文化,日本語と言霊,神と仏と信仰

女人禁制と女の穢れの関係

今は山ガールで賑わう富士山も江戸時代までは女人禁制でした。
今でも女人禁制の山があり、お祭りのしきたりなどが残っている地域があります。
女性差別の古い風習に捕らわれてはいけないと声を荒げる人々もいるようですが、日本の歴 ...

伝統と地方文化,風習としきたり

Thumbnail of post image 034

お葬式の準備が整うと、最初にお通夜が行われます。
親類縁者、知人友人、仕事の関係者などに連絡がいき、参列できる人のみが急いでやってこられます。
最近では場所や費用、手間などの理由で、お葬式が全て終わって落ち着いた段階で ...

伝統と地方文化,風習としきたり

お葬式

人間は生まれてから死ぬまでの間に、多くの儀式を経験します。
冠婚葬祭はその代表的なものですが、なかでも「慶事と弔事が重なるときは、弔事を優先しろ」といわれるくらい、死者を弔い、冥福を祈ることを重要と考えてきました。

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 199

相手のお宅に訪問するのに、手ぶらで行くというのも気持ちが落ち着かないものです。ちょっとしたものでいいので、手土産を持って行く方がいいかもしれません。
一般的に手土産は、お菓子やお酒など<消えてしまうもの>がいいと言われています ...

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 193

他の地方の人から見ると関西人は、他人の領域にずかずかと入ってくると言われますが、実はそうではありません。昔から貴族文化が発展していた京都、商業が盛んであった大阪、宗教文化の拠点であった奈良など、関西人は人と人との交流には特に気を遣って ...