伝統と地方文化,風習としきたり

人間は生まれてから死ぬまでの間に、多くの儀式を経験します。
冠婚葬祭はその代表的なものですが、なかでも「慶事と弔事が重なるときは、弔事を優先しろ」といわれるくらい、死者を弔い、冥福を祈ることを重要と考えてきました。

和の作法,風習としきたり

相手のお宅に訪問するのに、手ぶらで行くというのも気持ちが落ち着かないものです。ちょっとしたものでいいので、手土産を持って行く方がいいかもしれません。
一般的に手土産は、お菓子やお酒など<消えてしまうもの>がいいと言われています ...

和の作法,風習としきたり

日本の武士道と同じようなものとして、ノブレス・オブリージュという言葉が使われることがあります。
これは欧米社会の基本的な道徳観ともされ、高貴な身分にともなう義務のことで、高い地位にある者はそれにふさわしいふるまいをしなければな ...

和の作法,風習としきたり

他の地方の人から見ると関西人は、他人の領域にずかずかと入ってくると言われますが、実はそうではありません。昔から貴族文化が発展していた京都、商業が盛んであった大阪、宗教文化の拠点であった奈良など、関西人は人と人との交流には特に気を遣って ...

暦と歳時記,風習としきたり

夏になると各地の神社で七夕の御祭りが行われます。
身近なところでは、家に笹を買ってきて短冊に願い事を書いて飾るという風習があります。
何事も願いを書くという行為には夢があり、誰の心もワクワクと希望を満たしてくれるので、 ...

伝統と地方文化,祝い事,風習としきたり

普通に生活をしていると、それが縁起担ぎの行為であると知らずに行っている習わしがたくさんあります。
例えば手締めなどがそうです。お祝いの席で景気づけにおこなっていたり、場を締めるためにおこなっているように思いますが、これも古代の ...

占術・呪術,神と仏と信仰,風土と観光

人は何かの節目に立つとき、最後は神頼みとばかりに願掛けをおこないます。近所の神社へお百度参りをしたり、ダルマや招き猫を側に置いて、来たるべき福を待ち望んだり、絵馬に願いを書いて境内に祀ったり、つねに神様と共にあると考える日本人ならでは ...

占術・呪術,風習としきたり

結婚や就職など何か人生の転機となる日は、できるだけ良い日を選ぼうとするのはいつの時代でも同じです。
例えば大安を選んだり、仏滅を避けたりなどです。
それらは化学的な根拠のないものですが、昔から日本人はこの縁担ぎの風習を ...