和の作法, 風習としきたり

告別式は、故人の関係者をひろく招いて、故人との最後の別れを惜しむ公的な儀式です。

現在では、「告別式」が「葬儀」や「葬式」と混同されるようになっていてよくわからずに参列している人もいるようです。

「葬儀」は仏葬 ...

和の作法, 風習としきたり

遺族は末期の水を終えたあとで、親族や故人のごく親しい友人に故人の逝去を知らせます。この知らせを、計報という。

計報はたいてい、予告なしにくるもの。この計報を受けた場合はただちに、すべてに優先するかたちで故人を哀悼するための ...

和の作法, 神と仏と信仰, 風土と観光, 風習としきたり

臨終を迎えて末期の水のあと、死者の遺体を清めて通夜の準備を行ないます。
現在では、このあたりの作業を葬儀社に行なってもらうことが多いので遺族が遺体を触ることはありません。

遺体は、丁寧にぬるま湯で体を洗う「湯潅(ゆ ...

和の作法, 風習としきたり

葬儀は、遺族が死者に対する感謝の気持ちをあらわすための行事です。

それは自分の父母もしくは夫や妻、祖父母から受けた恩を思い、死者がやすらかに眠ることを祈るものです。

中には死者をよくまつらないと崇られるとか、盛 ...

祝い事, 風習としきたり

日本には、60歳の還暦のほかに、多くの長寿の祝いがあります。
医療の発達した現在では、60歳以上の寿命をもっ者が多くなりました。だから60歳で年寄り扱いされるのを嫌がる人も多い。

そのためにこれからは、70歳を祝う ...

伝統行事と祭り, 暦と歳時記, 風土と観光, 風習としきたり

男の子の節句であるこどもの日は、いつ頃から設定されたかご存じでしょうか?
実は江戸時代にはすでに五月五日は、男の子を祝福する日として認知されていました。
三月三日に女の子、五月五日には男の子の『無事な成長を祝う』のが本 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

結納とは、結婚に先立って新郎となる男性の側の家が、新婦となる女性の家に贈り物をする顔合わせの儀式です。

これは、結婚を「家と家との結びつき」としたうえで、結婚は「他家の娘を自家に迎えるものである」とする発想のうえにたつ行事 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

近年まで、結婚式に仲人は欠かせないとされていました。
仲人とは、式の場で男女のなかだちをつとめる年長の夫婦のことです。

見合い結婚の場合には、相性の合いそうな二人を引き合わせた夫婦が仲人になります。
仲人は ...