伝統と地方文化,日本語と言霊,迷信の由来

柿

秋になると旬を迎える果実といえば柿。

どこでも育つので、庭に植えている家もよく見ます。

昔は柿が実っていると、子供は率先して木に登って実を取って、そのまま食べたものです。中には渋柿があって、知らずにかじるととん ...

日本語と言霊,暦と歳時記,迷信の由来

爪切り

子供の頃、パチンパチンと夜に爪を切り出したら必ず母親が「夜に爪を切ったらアカン!」と怒られたものです。

今ではそんなことをいう親も少なくなったと思いますが、この「夜に爪を切ってはいけない」という風習がどのように生まれたので ...

伝統と地方文化,日本語と言霊,迷信の由来

枇杷の木

夏の果物のひとつにビワがあります。味はさっぱりとした甘さがあります。

奈良時代には存在していたようです。日本で栽培されだしたのは、江戸時代から。そのころの品種は小ぶりで、今、市場に並んでいる大ぶりのビワは、江戸時代に中国か ...

和の作法,現代の暮らし,風習としきたり

商談

仕事でいつもと違って重要な相談をする時や、相手先がこちらの無理を聞いてくれたり、便宜を図ってくれた時、新たな取引先を紹介された時など、ここぞという商談の際には、「手みやげ」を用意しておく方が良い。

商談の区切りの会食時、双 ...

暦と歳時記,現代の暮らし,道具と技

歯磨き

毎日の大切な生活習慣として、歯磨きは欠かせません。

でも考えてみればこの歯磨きという習慣は、いつ頃から始まったのでしょうか?

NHKの朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」で、歯磨き粉を作るエピソードがありましたが、そ ...

伝統と地方文化,日本語と言霊,現代の暮らし

ご飯

大人になっても、子供のように食事時にご飯をポロポロ落としながら食べる人がいます。

さすがに大人に注意することはできませんが、子供であれば「ご飯をこぼすと目が潰れるよ!」と言えるのですが。

飽食の時代と言われ、毎 ...

和の作法,暦と歳時記,風習としきたり

お中元、お歳暮

お中元、お歳暮は両親、親戚、仲人、恩師、習い事の先生など、日頃、お世話になっている人に感謝の気持ちから贈る季節の挨拶です。

でも現代の常識では、病院の医師や学校の先生、得意先企業などの個人宛は受け取りを禁止もしくは遠慮する ...

和の作法,風習としきたり

職場のマナー

働いている職場で、上司や部下を呼ぶ時に名前にプラスして何か敬称をつけていますか?

職場で意外と気を使うのが上司や部下の呼び方です。

普通は上司は役職名で呼ぶと思いますが、人によっては「堅苦しいから、役職で呼ぶの ...