和の作法,現代の暮らし,風習としきたり

人は現代社会で他人と関わり続けるために、対人関係の潤滑剤として贈り物を捧げる習慣を大切に考えています。

ただ、なんでも贈れば良いというのではないから、いつも頭を悩ませてしまうのも事実。

人によっては贈り物の習慣 ...

和の作法,現代の暮らし,風習としきたり

親類縁者とは疎遠になりがちな現代の家族事情ですが、天災や災害など何が起きるかわからない今、やっぱりいちばん頼れるのは血縁関係にある親戚ではないでしょうか。

親の代から親戚づきあいの密度が濃ければ問題ありませんが、親世代が親 ...

和の作法,暦と歳時記,現代の暮らし

結婚すると一番悩むのが、相手の両親とのつきあい方です。

奥さんの方は、夫の母親と相性が合いにくいケースがあるみたいで、極端に敬遠する家もあるとか。

親の高齢化で2世帯住宅を考える人も増えているので、どうすれば自 ...

和の作法,道具と技,風習としきたり

日本人にとってお箸を使って食事をすることは、しごく日常的なことです。

日本以外にもお箸を使う国はありますが、お箸の使い方にまつわるマナーは日本独特の風習です。

少し前までは祖父母や両親が同居する家庭の中で、子ど ...

伝統と地方文化,日本語と言霊,迷信の由来

秋になると旬を迎える果実といえば柿。

どこでも育つので、庭に植えている家もよく見ます。

昔は柿が実っていると、子供は率先して木に登って実を取って、そのまま食べたものです。中には渋柿があって、知らずにかじるととん ...

日本語と言霊,暦と歳時記,迷信の由来

子供の頃、パチンパチンと夜に爪を切り出したら必ず母親が「夜に爪を切ったらアカン!」と怒られたものです。

今ではそんなことをいう親も少なくなったと思いますが、この「夜に爪を切ってはいけない」という風習がどのように生まれたので ...

伝統と地方文化,日本語と言霊,迷信の由来

夏の果物のひとつにビワがあります。味はさっぱりとした甘さがあります。

奈良時代には存在していたようです。日本で栽培されだしたのは、江戸時代から。そのころの品種は小ぶりで、今、市場に並んでいる大ぶりのビワは、江戸時代に中国か ...

和の作法,現代の暮らし,風習としきたり

仕事でいつもと違って重要な相談をする時や、相手先がこちらの無理を聞いてくれたり、便宜を図ってくれた時、新たな取引先を紹介された時など、ここぞという商談の際には、「手みやげ」を用意しておく方が良い。

商談の区切りの会食時、双 ...