天皇と貴族, 神と仏と信仰, 風土と観光, 風習としきたり

古事記の最初のほうで語られる、国土・人間・万物を創造したという三柱の神をご存知でしょうか。

天御中主神(天御中主神(あめのみなかぬしのかみ))・高皇産霊神(たかみむすひのかみ)・神皇産霊神(かみむすひのかみ)という舌を噛み ...

人物史, 職業, 風土と観光

少人数や単独で仕事をするイメージが強い忍者ですが、実際は企業のような組織があり、それぞれの役職に応じてチームで仕事をしていたようです。

特に戦国時代に暗躍した伊賀や甲賀の伝説の忍者を基本に、忍者の組織を考えてみよう。

人物史, 職業, 風土と観光

忍者といえば、呪文を唱えてドロンと煙のように姿を消たり、はたまた巨大なガマガエルや大蛇に変身してせるような「忍術」を使うイメージがありませんか?

ネトゲの世界では、グラブルやマビノギで様々な忍術があるようです。漫画やアニメ ...

人物史, 職業, 風土と観光

今や日本人よりも外国人に人気がある忍者。忍者のコスチュームを買い求める人も減ることはありません。

忍者と聞けば大抵の人がイメージするのは「忍者ハットリくん」や「赤影」に登場する主人公の姿でしょう。

黒っぽい忍者 ...

神と仏と信仰, 風土と観光

泳ぎのうまい人を「カツパの◯◯」と呼ぶように、足の速い人を「韋駄天の◯◯」と言うことがあります。この韋駄天とは何かを知っていますか?

追跡されたら逃げられない神様

仏教では、帝釈天に仕え、四方を守る神を四天王といいます。

和の彩り散歩, 暦と歳時記, 風土と観光, 風習としきたり

近くの公園に行くと桃の花が見られるようになりました。
3月11日から七十二候の「桃始笑(ももはじめてさく)」です。
今日から桃の花が、咲き始めますよという意味です。

日本の桃の起源

桃の原産国は中国で「毛毛( ...

神と仏と信仰, 風土と観光

神社で働いている人をどう呼んでいますか?

お寺だったら「お坊さん」「住職」という呼び名がありますが、神社で働いている人々はどう呼べば良いのでしょうか? 「宮司さん」「神主さん」でしょうか?

昔は神様が存在しても、現代 ...

神と仏と信仰, 風土と観光

神社に行くと神主さんや、巫女さんの姿をよく見かけます。

ご祈祷や行事がある時に神主の様子を見ていると、独特な歩き方やお辞儀の仕方など、様々な作法が在ることに気づきます。

そして巫女は奉納舞を踊ったり、両職とも修 ...