和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 148

相手のお宅に訪問するのに、手ぶらで行くというのも気持ちが落ち着かないものです。ちょっとしたものでいいので、手土産を持って行く方がいいかもしれません。
一般的に手土産は、お菓子やお酒など<消えてしまうもの>がいいと言われています ...

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 017

他の地方の人から見ると関西人は、他人の領域にずかずかと入ってくると言われますが、実はそうではありません。昔から貴族文化が発展していた京都、商業が盛んであった大阪、宗教文化の拠点であった奈良など、関西人は人と人との交流には特に気を遣って ...

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 040

到着は「ちょっと遅れて」がちょうどいいと思います。
訪問する際は「時間厳守がいちばん」と思ってはいませんか?
仕事であればそれでいいと思います。儀礼的な訪問も相手によっては、仕事の1部だと言えなくもないですが、相手の勤 ...

和の作法,風習としきたり

訪問の作法

社会人になると会社の上司や同僚、または取引先の方などのお宅に訪問する機会があるかもしれません。どんなに親しい間柄であっても、最低限の作法は意識して伺いたいものです。
そんなに堅苦しく考える必要は無いのですが、相手が気分を害する ...

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 109

日本語の由来を知りたいと思えば、漢字などの文字の変遷を見ていくと、よくわかります。
礼儀作法の「礼」は、旧字体では「祀」と書きます。「示」は神様を表わし、「豆」は神様にお供え物をするときの台のこと、その上の「曲」はお供え物のこ ...

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 138

日本人はどんなに親しい間柄でも「遠慮」することがよくあります。
奥ゆかしさを感じる表現ですが、何かを断る際にも「遠慮」という言葉で遠回しに意思表示する際に使ったりしています。
海外の人から見ると、日本人の遠慮という行為 ...

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 000

近年まで告別式直後に、会葬者の会食が行なわれていました。
これは故人との別れの宴会とされるもので、「出立ちの膳」や「出立ちの飯」とよばれていました。

しかし現在では出棺のあとではなく、遺族が火葬場での行事を終えて帰 ...

和の作法,風習としきたり

Thumbnail of post image 128

告別式は、故人の関係者をひろく招いて、故人との最後の別れを惜しむ公的な儀式です。

現在では、「告別式」が「葬儀」や「葬式」と混同されるようになっていてよくわからずに参列している人もいるようです。

「葬儀」は仏葬 ...