和の作法, 風習としきたり

働いている職場で、上司や部下を呼ぶ時に名前にプラスして何か敬称をつけていますか?

職場で意外と気を使うのが上司や部下の呼び方です。

普通は上司は役職名で呼ぶと思いますが、人によっては「堅苦しいから、役職で呼ぶの ...

和の作法, 風習としきたり

TwitterやブログやFacebookなど、SNSと呼ばれるインターネットを使ったコミュニケーションを楽しんでいる人は多くなる一方です。

学生や親しい間柄、同じ趣味人間で交流する際はそんなに気にせず投稿していた内容も、社 ...

和の作法, 日本語と言霊, 言葉の作法, 風習としきたり

集合住宅などによく見られますが、隣に誰かが引っ越してきても全く気づかないのが普通になりました。
昔は隣近所に引っ越しの挨拶をしたものですが、いつからこんなにギスギスした社会になってしまったのでしょうか?
神様を敬う礼儀 ...

和の作法, 暦と歳時記, 風習としきたり

ちょっと暑くなってきたり、寒くなってきたりすると衣替えをしなきゃと気が焦り出します。
面倒だからと言って後回しにしていると、季節外れの衣装をいつまでも着てしまうことになり、ちょっと恥ずかしいものです。
日本には季節ごと ...

和の作法, 風習としきたり

来客があることがわかっているときはチャイムが鳴ったら、すぐに玄関に出るのが常識。
わざわざ自宅まで来ていただいたという事に対して、感謝の気持ちを伝える意味でも笑顔で迎える方が好印象を与えます。
そこからお客様を部屋に案 ...

和の作法, 風習としきたり

そろそろ失礼した方がいいかな…。ちょっと長居しすぎたかな…。
訪問先で相手様と話をしていると、なかなか帰るタイミングが難しいものです。
その場の空気を感じながら、ちょうどいいところで「では、そろそろ…」と切り出せばいい ...

和の作法, 風習としきたり

相手の自宅に訪問した際の作法として「こちらへどうぞ」と案内されたら、相手の少し斜め後ろをついていきます。
部屋の入口まで案内され、相手がいったん奥へさがった場合は、洋室ならドアの近くに立って、和室なら入口近く(それぞれ下座)に ...

和の作法, 風習としきたり

会社や職場で働くことは、その機関の歯車のひとつとなって、ただ精一杯無心に業務を全うすればいい。
上辺だけの最低限のつき合いで、対人関係の摩擦を避けてドライに人生を歩むことが現代流と、ただお金のため、自分自身の欲求を満たすためだ ...