伝統行事と祭り,暦と歳時記,風土と観光

お花見

梅の開花時期が過ぎて、桜が開花しはじめると、楽しい気分になる日本人は多い。
5分咲きにもなると、あちこちの桜の名所でお花見がさかんに行なわれます。

暖かくなりはじめた時期に、野外にあつまってすわり、身近な仲間と宴会 ...

暦と歳時記,風習としきたり

京都

電子メールやソーシャルネットワークが無かった頃は、12月に入ると年賀はがきがすぐに売り切れたりと、それが日本の年末の風物詩でした。
今では私も「年賀はがき」は書かなくなり、ここ三年前ぐらいから年賀状の画像を制作して、それを電子 ...

暦と歳時記,風習としきたり

日本のクリスマス

11月中頃になると、徐々に世間のクリスマスムードが高まってきます。商業施設では、クリスマス商戦の開幕となります。
本来はキリスト教の風習であるクリスマスが、今やしっかりと日本の季節の行事として定着しています。
しかし、 ...

暦と歳時記,風習としきたり

プレゼント

愛情や感謝の気持ちを形にして贈るプレゼントの習慣は、世界各国共通の風習のようです。
日本では、縄文時代からすでにプレゼントを贈る習慣がありました。
12月のクリスマスや友人知人の誕生日が近づくと、いつも以上にその人を意 ...

暦と歳時記,風習としきたり

七五三のお祝い

この時期、土日の神社には「七五三」の参拝の親子連れが多く見かけられます。
七五三の由来にはいろいろあります。
三歳男女の「髪置き」五歳男児の「袴着」七歳女児の「帯び解き」の祝いが原点だという説が有力です。
七歳 ...

暦と歳時記,風習としきたり

和服の夫婦

人と人の密なコミュニケーションが希薄になった社会にある中でも、対人関係の問題は常についてまわります。
それはリアルでもネット社会でも同じ事。
対人関係のトラブルに悩まないために、占いに頼ることもひとつの目安になるかもし ...

暦と歳時記,風習としきたり

月夜

現在、私たちは新暦を用いて生活していることをご存じでしょうか?
最近、旧暦カレンダーが流行しているように日本人が、明治五年(1872年)まで旧暦にもとづいて生活していたことを知る人が増えて来ました。
旧暦とは何を意味す ...

暦と歳時記,風習としきたり

二十四節気カレンダーと閏月

私たちが普段利用している新暦カレンダーには、4年に一度の割合で2月を29日とする閏年(うるうどし)がある。これに対して、旧暦カレンダーでは、不定期に閏月(うるうづき)がおかれています。

ちょっと考えると年ごとに日数が変わっ ...