暦と歳時記, 風習としきたり

二十七星占術は、現在ではあまり知られていません。
しかし空海らが持ち帰った中国密教の「宿曜経」のなかの二十七宿の考えにもとづく精密な占術。
それは、人間の性質は生まれた日に地球の惑星である月が、どの位置にあったかによっ ...

暦と歳時記, 風習としきたり

人と人の密なコミュニケーションが希薄になった社会にある中でも、対人関係の問題は常についてまわります。
それはリアルでもネット社会でも同じ事。
対人関係のトラブルに悩まないために、占いに頼ることもひとつの目安になるかもし ...

暦と歳時記, 風習としきたり

日本では一年中、子、丑などの生まれ年の干支(十二支)にもとづく占いが、星占いと並んでひろく行なわれています。
また、年賀状には縁起物としてのネズミ、ウシなどのその年の十二支が必ず描かれるというのが定番。

この十二支 ...

暦と歳時記, 風習としきたり

現在、私たちは新暦を用いて生活していることをご存じでしょうか?
最近、旧暦カレンダーが流行しているように日本人が、明治五年(1872年)まで旧暦にもとづいて生活していたことを知る人が増えて来ました。
旧暦とは何を意味す ...

暦と歳時記, 風習としきたり

私たちが普段利用している新暦カレンダーには、4年に一度の割合で2月を29日とする閏年(うるうどし)がある。これに対して、旧暦カレンダーでは、不定期に閏月(うるうづき)がおかれています。

ちょっと考えると年ごとに日数が変わっ ...

伝統と地方文化, 暦と歳時記, 風習としきたり

お正月、おせち料理が詰められた重箱を開けるのは、とてもワクワクします。
おせちは年神様への供え物。詰められた家庭料理には、家族の繁栄を願う気持ちが込められ、縁起の良いいわれや、しきたりがあります。

幸せの宝箱のよう ...

暦と歳時記, 風習としきたり

近頃は、「七夕」といえばとてもロマンチックな恋愛物語の点ばかりが注目されています。
「七夕」にも深~い意味がありますよ。「七夕」はななゆうと書いて「たなばた」と読みますね。これは「棚機(たなはた)」からきています。
そ ...

伝統行事と祭り, 暦と歳時記, 風土と観光, 風習としきたり

少し前までは、七月七日になると笹の枝を買ってきて各家庭で、願い事を書いた短冊を枝にくくりつけたものです。
最近では学校や施設の行事として、短冊を集めて飾っているところがあります。
子供が立派に育つことを願う気持ちからつ ...