伝統と地方文化,暦と歳時記,風習としきたり

おせち料理と重箱

お正月、おせち料理が詰められた重箱を開けるのは、とてもワクワクします。
おせちは年神様への供え物。詰められた家庭料理には、家族の繁栄を願う気持ちが込められ、縁起の良いいわれや、しきたりがあります。

幸せの宝箱のよう ...

暦と歳時記,風習としきたり

七夕の空

近頃は、「七夕」といえばとてもロマンチックな恋愛物語の点ばかりが注目されています。
「七夕」にも深~い意味がありますよ。「七夕」はななゆうと書いて「たなばた」と読みますね。これは「棚機(たなはた)」からきています。
そ ...

伝統行事と祭り,暦と歳時記,風土と観光

短冊

少し前までは、七月七日になると笹の枝を買ってきて各家庭で、願い事を書いた短冊を枝にくくりつけたものです。
最近では学校や施設の行事として、短冊を集めて飾っているところがあります。
子供が立派に育つことを願う気持ちからつ ...

暦と歳時記,風習としきたり

夏の風習

今は数が減りましたが7月から8月にかけて送られてくるはがきは「暑中見舞い」です。
年賀状と違ってこちらは、ほとんど廃れてきつつある習慣。
言い換えるならFacebookやGoogle+などのソーシャルネットワーク上の「 ...

暦と歳時記,風習としきたり

ハンゲショウ

水辺を彩るハンゲショウ。葉の半分が白くなり、緑のカンバスに白い絵の具をこぼしたように見えるのはこの時期ならでは。
暦でいうと『半夏生(はんげしょう)』。

昼の時間が一年で一番長い夏至から数えて11日目に当たる日。 ...

暦と歳時記,風習としきたり

平安貴族

衣替えといえば、六月や十月の季節の変わり目に季節にあわせた服に入れ替える生活の行事。
最近では、環境の変化もあり、いつ衣替えをすべきか?そのタイミングが難しくなっています。

平安時代の更衣

平安時代の宮中では、四月一 ...

暦と歳時記,風習としきたり

時計

6月10日は時の記念日です。

天智10年4月25日、グレリオ暦では671年6月10日に水時計が設置されたことに由来しています。

 

 斉明天皇時代に日時計が設置されたのが、日本初の時計だそ ...

暦と歳時記,風習としきたり

鯉のぼり

5月5日は端午の節供です。端午というのは五月に入って最初の午の日とされていました。
旧暦の五月五日はちょうど梅雨のさなかです。
元は古代の中国で、この日に野に出て薬草を摘み、蓬で人形を作り菖蒲を門に掛け邪気を払ったとい ...