現在でも、家相を気にする人は多い。
家の設計にあたって、細かいところまで気を配ってよい家相の家をつくろうとする人もいます。
その反対に、家相にまったく無頓着な人も多い。
せっかく自分の生活の拠点となる住居なので ...

特別の場面で、用いてはならない不吉な数字があります。
これは、忌み数とよばれるものです。
言霊信仰に由来し、古代人は、同音の言葉の言霊は同じはたらきをすると考えていました。
そのために、特定の数字の音が、特別の ...

日本には、日常生活で「これをやってはならなどというタブー(禁忌)が多くみられます。
昔からの日本の慣習として伝わってきているものには、それなりの理由があります。
生活の知恵からもたらされた、暮らしのタブーを考えてみまし ...

お相撲さんが土俵に入る前に塩を撒く姿をテレビで見たことがあったり、玄関の脇に盛り塩がされていたり、お葬式の帰りに身体に塩を振りかけたり、日本には清めの儀式として「塩」をよく用います。

お清めのために撒く塩と盛り塩

日本では、 ...

ひと昔前までは、家の片隅に塩を盛る習慣がありましたが、最近ではあまり見なくなりました。
これは鬼門対策の一つなのですが、なぜこのような風習が生まれたのでしょうか?

鬼門は、不幸が訪れる方角

家相などの考えのなかに、北 ...

お正月、おせち料理が詰められた重箱を開けるのは、とてもワクワクします。
おせちは年神様への供え物。詰められた家庭料理には、家族の繁栄を願う気持ちが込められ、縁起の良いいわれや、しきたりがあります。

幸せの宝箱のよう ...

夏はお中元、冬はお歳暮というのが日本人に恒例の贈り物の風習です。
現代では上司やお得意先に贈り物を贈る風習も意味が変わってきたようで、本当にお世話になった限られた人しか贈らないようになってきています。

本来は年の暮 ...

忙しい現代の日本の家庭では、昔のように一家総出でおせち料理を作るというシーンもほとんど見られなくなりました。
今では百貨店や料亭や高級ホテルが用意する「おせち料理」の通販が人気で、11月下旬にはほとんど予約で売り切れてしまうと ...