いまも昔も、人間は困ったことや追い詰められた状態になると、神に助けを求めます。
とくに地縁や血縁が大事にされた時代は、一番身近にいるその土地の神様に願いを託しました。
それが氏神であり、鎮守の神でした。

氏神信仰 ...

祇園祭の山鉾には、正式には山と鉾の二通りがある。
『鉾』は大型で、屋根の上に鉾柱を高く建て、車で曳きます。
鉾柱には榊の枝を結びつけます。
中に稚児、囃子方や音頭方が乗っています。

『山』は小型で、 ...

全国で行なわれている御輿の渡御も、山車の巡行も、祭り囃子もすべては祇園祭から始まったことです。

7月17日(前祭)と24日(後祭)が中心で、一日の「吉府入り」に始まり、31日の「疫神社夏越の蕨い」まで、連日様々な神事・行事 ...

夏の京都といえば祇園祭です。
もともとお祭りと言えば、春と秋に行うのが定番です。
それは特に農村部で、稲作と結びついた祭りが中心であるため。
だから、夏の祭りの意味合いは、稲作と直接関係の無い厄払いや、魔除け、 ...

熊野那智大社の例大祭で「扇祭り」とも呼ぱる「那智の火祭り」は、毎年7月14日に行なわれます。
燃え盛る60キロの重さがある大松明12本が、那智の滝の石段参道を円を描きながら登り降りし、12体の扇神輿を浄める迫力のある神事です。 ...

少し前までは、七月七日になると笹の枝を買ってきて各家庭で、願い事を書いた短冊を枝にくくりつけたものです。
最近では学校や施設の行事として、短冊を集めて飾っているところがあります。
子供が立派に育つことを願う気持ちからつ ...

お寺に行けば僧侶によってお経が読まれ、神社に行けば神主から祝詞が読まれます。
お経にはひらがなで書かれたものでは無いので、お経を聞いても普通意味は理解できません。それに大陸から輸入されたものです。
しかし祝詞は、もとも ...

祭りを聞いて想像するのは、賑やかなお囃子やお神輿または賑々しく執り行われる儀式だと思います。
でも、ひな祭りとか端午の節句、七夕なども、祭りなのです。
お正月もお月見も、冬至の日にカボチャを食べるのも祭りです。