伝統行事と祭り, 風土と観光

巨大で豪快な武者姿の張り子が町を練り、「ラツセラー ラッセラー」の掛け声を張り上げて大勢のハネトが跳ねる。
「ねぶた祭り」というと、8月1日~7日にくり広げられる青森市の祭りが有名だが、実は「ねぶた」とは東北地方、特に青森県各 ...

神と仏と信仰, 風土と観光

伊勢神宮、春日大社など神社と言えば有名なところのほうが御利益はあるといいます。
でも1番大切にしなければならいのは、自分が住んでいる地域の氏神様です。
つねに身近に存在し、身の回りで見守ってくれている神様こそ、大切にし ...

神と仏と信仰, 風土と観光

商売の神様といえばお稲荷さんとして親しまれている稲荷神社です。
暮らしと仕事に密接に関係している御利益が期待できるので、全国に点在し、神社の中では1番多い。
しかしその起源は、全く違うところにあった。

稲荷神社の ...

神と仏と信仰, 風土と観光

日本人の生活に欠かせないものって何がありますか?
物に例えると無限にあり、また人によって必要性が変わってくると思います。
でも心や精神性に例えると、全国民に共通するのは「神社」です。
どんな宗教を信じていようと ...

日本語と言霊, 言葉の語源, 風土と観光, 食事と和食文化

お寿司の酢飯のことを「しゃり」というのは、日本人ならみんな知っていることです。
白い米粒、白飯、銀シャリのこと。
よく考えるとこの言葉は何処から来ているのでしょうか?
「しゃりしゃり」という食感だから?いや、そ ...

伝統と地方文化, 伝統行事と祭り, 風土と観光, 風習としきたり

ワッショイワッショイと町内を回ってくるおみこしは、世代を問わず胸が高鳴るものです。
子供の頃はみんなでお祭りのはっぴを着て、おみこしを担ぐ大人を見てとても憧れたものです。
おみこしがあるとお祭りという行事が「神事」であ ...

日本語と言霊, 言葉の語源, 風土と観光, 食事と和食文化

ご飯を炊飯器などからお茶碗に入れる時のことを、「盛る」と言うのか、「よそう」と言うのか、どちらが正しいのでしょうか?
大盛り中盛りという言葉があるので、やっぱり「盛る」が正しいのか?

ご飯を「よそう」の粋な語源とは?. ...

伝統と地方文化, 日本語と言霊, 神と仏と信仰, 言葉の語源, 風土と観光, 風習としきたり

今は山ガールで賑わう富士山も江戸時代までは女人禁制でした。
今でも女人禁制の山があり、お祭りのしきたりなどが残っている地域があります。
女性差別の古い風習に捕らわれてはいけないと声を荒げる人々もいるようですが、日本の歴 ...