神と仏と信仰,風土と観光

Thumbnail of post image 165

神社で働いている人をどう呼んでいますか?

お寺だったら「お坊さん」「住職」という呼び名がありますが、神社で働いている人々はどう呼べば良いのでしょうか? 「宮司さん」「神主さん」でしょうか?

昔は神様が存在しても、現代 ...

神と仏と信仰,風土と観光

神主と巫女の仕事

神社に行くと神主さんや、巫女さんの姿をよく見かけます。

ご祈祷や行事がある時に神主の様子を見ていると、独特な歩き方やお辞儀の仕方など、様々な作法が在ることに気づきます。

そして巫女は奉納舞を踊ったり、両職とも修 ...

天皇と貴族,神と仏と信仰,風土と観光

天照大神

天皇家と神道の結びつきを考えた時、その参考になるのは古事記の物語でしょう。

日本で生活をしていると、神道に触れる機会は誕生時からあるので、そこに疑問を持つ人はいないと思います。しかし、天皇家の存在を知るようになると、その存 ...

神と仏と信仰,風土と観光

明神

よく神様にお願いをする時に「◯◯大明神様」と呼んだりしますが、よくよく考えてみるとこの「明神様」って何の神様のことをいうのでしょう?

時代を経て変わってきた神様の総称

古代では神様のことを「大神」と呼んでいました。

伝説と文学,神と仏と信仰,風土と観光

Thumbnail of post image 178

日本全国には、八幡宮や八幡さまと呼ばれて信仰を集めている神社がたくさんあります。

この八幡社の数は、稲荷社についで全国で2番目に多い。

有名なところでは鎌倉にある鶴岡八幡宮、京都の石清水八幡宮、それに東京下町に ...

神と仏と信仰,風土と観光

道祖神とは

田舎道を歩いていると小さな祠の中に、小さな石像が祀られていることがあります。祠の中に入っていない場合もありますが、よく見るお地蔵さまと違って形が明瞭でないものが多い。

これらの石像は、道祖神といわれる地域の神様です。

神と仏と信仰,風土と観光

お地蔵さま

夏になると各地域で行われる地蔵盆、どんな小さな集落の道にもあるお地蔵さんの石仏や、お墓やお寺にある六地蔵像、そして子どものころ『かさ地蔵』の昔ぱなしなどに親しんだ私たち日本人にとって、お地蔵さんは身近な存在です。

では、お ...

神と仏と信仰,風土と観光

お蚕さん

小学生の頃、学校で蚕(かいこ)を飼った経験は多いのではないでしょうか。

蚕は絹糸の生産には欠かせない昆虫で、昔から日本の生活に密接に関係しており、養蚕(ようさん)の歴史は古事記にも記述があります。

また蚕のマユ ...