時の記念日

6月10日は時の記念日です。

天智10年4月25日、グレリオ暦では671年6月10日に水時計が設置されたことに由来しています。

時計

 斉明天皇時代に日時計が設置されたのが、日本初の時計だそうですが、正確な日が不明のため、天智天皇時代の水時計設置の日が使われました。

当時使用されていた時刻は、夏も冬も一定の時を刻む定時法でした。現代と同じです。

時代劇に出てくるような、日の出から日没の間を等分する不定時法は、戦国時代の混乱期

定時法が使用できなくなって、代用に取り入れたものです。

江戸時代には機械仕掛けの時計をできていたのに、わざわざ不定時法を使用していたのだそうです。

さて、「時の記念日」は「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善、合理化を図ろう」と日本

国民によびかけ、時の貴重さを意識するように設けられたようです。

ん?日本国民は世界で一番時間を守る民族らしいけど。

「時泥棒」という言葉があるように、待ち合わせの時間を守らない人は、お相手の貴重な時間を奪っていることになります。

そして、「時」は決して戻らないのです。

昨今は、携帯電話の普及で、時間にルーズになっているという指摘もあります。

確かに、携帯電話があれば遅れそうになったら、メールでもすぐに相手に連絡できますものね。

便利になって、人間性がルーズになるなんて少し寂しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク