ポータブル懐石料理といえば「松花堂弁当」

お弁当といえばキャラ弁や愛妻弁当、幕の内弁当など多様な種類があります。
実はお弁当の代名詞といえば「松花堂弁当」といわれます。

松花堂弁当は、中に十字形の仕切りがあり、縁の高いかぶせ蓋のある弁当箱を用いた弁当のことを言います。

でもコンビニ弁当に慣れてしまった現代人には、松花堂?と言ってもほとんど馴染みがありません。
代表と言うからには、日本人として知っておきたいものです。

松花堂弁当

スポンサーリンク

絵の具箱から誕生した弁当箱

松花堂弁当の中の十字の仕切りのそれぞれに刺身、焼き物、煮物、ご飯などを見栄えよく配置するもので、ご飯と数種類のおかずを組みあわせており、幕の内弁当とも似ています。

しかし、幕の内弁当は本膳料理の流れを汲み江戸時代にできたものであるのに対して、松花堂弁当は懐石料理の流れを汲み、昭和になってから誕生したもので歴史は異なります。

松花堂弁当の名前は、江戸時代初期の石清水八幡宮の社僧であった「松花堂昭乗」という人の名に因むものです。

松花堂昭乗、俗名は中沼式部。
書道、絵画、茶道に堪能。
昭乗は農家が種入れとして使っていた器をヒントにこの形の器を作り、絵具箱などに使用していました。

昭和の初め、代々式部卿を務めた貴志宮家の大阪邸内の茶室「松花堂」(昭乗の旧跡)で茶事を催された時に、料亭吉兆の創始者である湯木貞一が、貴志家当主の貴志奈良二郎よりこの器で茶懐石の弁当をつくるように命じられました。

湯木貞一は、十字形の仕切りがあることで、見た目が美しいだけでなく、互いに味や匂いが移らないと考え、工夫をしてそれぞれの升に違う料理をバランスよく盛り込みました。

それが大変な好評を得て、松花堂弁当の名が広まったのです。

松花堂弁当は大阪生まれですが、今では全国的に弁当の代名詞とも言えます。
料亭、仕出屋ならほとんどありますし、またお茶会にもよく出されます。

スポンサーリンク

シェアする