墓地の墓じまいと先祖と自分の永代供養を親戚筋と揉めずに済ませる方法

墓じまい 永代供養

以前は毎年お墓参りを欠かさずに墓地まで行ってたんだけど、最近は殆ど行かなくなってしまった。自宅からは遠い場所にあるということと、墓参りのためだけに時間を費やすことが億劫になってきたからです。
私のお墓には先祖代々の霊位が刻まれているので、お墓は守っていかないといけないという責任があります。
しかし、今は独り身となり親戚も当てにできないとあって、この先、お墓の管理をどうしようかと考えることにしました。

先祖も私も幸せになれる「墓じまい」とは?

お墓は子孫が代々引き継いで管理していくのが、今までは常識だと思っていました。
しかし、私のように引き継ぐ相手がいない人や、そもそも子孫に負担を追わせたくないと引き継ぎを躊躇する人もいるのだと最近知りました。

そこで考えに至ったのが「墓じまい」です。
この「墓じまい」というサービスを知るまでは、参られなくなったお墓は数年経てば自動的に無縁墓として整理されて処分されるものだと思っていました。墓地の片隅に無縁仏として古くて朽ちた墓石がたくさん集められている場所をよく見ていたので。
でもそれも少し儚いし寂しすぎるかなと…、自分が生きているうちに整理できるものはきっちりと整理したいものです。

そしてもしも先祖も浮かばれて、私も死後に誰かに供養してもらえるようなサービスはないのかな?と思いました。

墓じまいの後、墓石の処分は?遺骨はどうなるのか?

今お墓がある墓地のスペースを片付けて、更地にして遺骨を別の場所に移すことを「墓じまい」というらしい。
その際に「なぜ勝手に墓を処分したんだ?」とか「先祖を敬う気持ちが無いのか!」と親戚中から非難されることもあるようですが、幸い私にはその厄介事になるような要素はないので大丈夫です。もし揉めそうなら事前によく話し合うことが肝心だと思います。

それから墓地がお寺の管理になっていて、さらに寺の檀家になっているとしたら、「離檀」という手続きが必要になります。
なんだ「離檀」って?
離檀とは、檀家を離れて寺院との親密な関係を断つことになります。その際には離檀料が必要になる場合が多く、それがもとでトラブルになることもあるとか。とてもやっかいで面倒な問題です。
私の契約した墓地は、町が管理しているのでそんな面倒なことにはならないので安心です。

墓じまいした後の墓石はどこにいくのだろうか?

これも依頼先によっていろいろあるそうです。例えば永代供養として別の場所に無縁仏として集められる場所があったり、削ってリサイクルされたり、完全に粉砕されたりだそうです。

遺骨はどうなるのでしょうか?

それは業者に墓じまいを依頼するとパウダー状にしてもらえるそうです。パウダー状であれば樹木葬や海上に散骨するなど別の供養をすることが可能になるからいいです。
もしくは自宅に保管するか、納骨堂などの永代供養サービスに依頼するという形になります。
私は自分自身こともあるので、樹木葬が理想的かなと考えています。

「墓じまい~永代供養」は思っていたより複雑

もっと簡単なものかと思っていたけど、実際には行政手続き、御魂抜き、閉眼供養、永代供養か散骨先の選択と手続き、檀家になってたら離檀手続きなど結構やることがたくさんありました。
普通の家庭なら、さらに親戚筋との話し合いなどが加わりますが、これが一番揉めそうで時間と心労がかかりそうです。
そうであれば事務的な作業は墓じまいを専門にしている業者に頼るのが、一番良いことではないかという結論になります。

そして「墓じまいの専門業者」を選ぶ際に、譲れない条件があります。
●費用は老後生活もあるので安く済ませたい。費用の相談を受け付けてくれること
日本全国どこでも受け付けてくれる業者
●ややこしい行政手続きもやってくれること
●墓じまい後の墓石や遺骨の取り扱いも相談できること
●安心できる永代供養先を紹介してくれること
●実績が豊富で親族間・離檀の揉め事の相談にものってくれること

これらの状況に見合うところは無いかとさがした所、「わたしたちの墓じまい」というサービスを見つけました。
さっそく詳細を確認すると、上記の条件はほぼクリアしています。理想的です。
何よりも一番のポイントは、豊富な実績に裏付けられた安心感でしょうか。低価格であることも魅力ですが、手続きとか永代供養先の相談とか、私が一番悩むところを押さえてくれている点が気に入りました。

もしご興味があれば下記のバナーをクリックして詳細を確認してみてください。
わからないまま悩んでいるよりも、見積もりを出してもらってスッキリしたほうがいいですよ。