和の作法,風習としきたり

挨拶から始まり、挨拶で終わる日本人の会話。
親しい友人同士なら気にならないことでも、目上の人や仕事上の関係となると、話す言葉を選んだり妙に緊張してしまうものです。

時には失言で失敗することもあります。
友人 ...

和の作法,風習としきたり

訪問先や寺などで、抹茶を供されたとき、うろたえていませんか?

茶席と聞くと緊張して構えてしまうと思います。
でも予備知識があれば、お茶をおいしくいただけるだけでなく、季節感を大切にしたおもてなしの心も楽しめます。 ...

和の作法,風習としきたり

洋服が日常化している現代で、これまでは特別な機会がなければ着物など和装をすることはありませんでした。
しかし、若者の間で和文化への関心が高まり、和服を日常的に着る人も増えてきました。

しかしまだまだ一般的には和服は ...

和の作法,風習としきたり

大人になってもまともに箸が使えない日本人を見ると、親の顔が見たくなります。
日本人にとって、食事の場は他人と心を通わせる大切な場所です。
つねに見られているので、しっかりと箸の使い方はマスターしたいもの。
ちょ ...

和の作法,風習としきたり

最近では郵便番号と氏名を書いておけば、ほぼ郵便物が届きます。
でもせっかくの手紙ですから、封筒には受取人の住所氏名を書く「表書き」をきちんと書きたい。
実は「表書き」には、一定の作法があります。
これを間違えて ...

和の作法,風習としきたり

あなたは、お世話になった人にお礼状を書いていますか?
相手から何かお世話になったことがあれば、お礼状は出さなければならないと、親の習慣を見て育った人は幸せです。
「お世話になる」とは、物品をもらったり、何かお手伝いをし ...

和の作法,風習としきたり

日本の部屋を仕切る建具といえば、襖ですね。
同じ建具で障子もあります。障子は中国伝来ですが、「ふすま」は日本独特の名称です。

元は「ふすま障子」といわれ、御所の寝所の間仕切りとして使用されました。
御所の寝 ...

和の作法,風習としきたり

今は手紙というより、メールという方が馴染みやすくなりました。
でも綺麗な書体で印刷された手紙は、どことなく無機質な印象があります。
だから逆に手書きの手紙が、尊ばれている傾向になっています。
手書きの手紙には、 ...