和の作法, 風習としきたり

現在のように電話やインターネット、ファクシミリがなかった時代には、手紙が唯一の伝達手段だったため、古くから手紙のやりとりが重視されてきました。
とくに礼儀を重んじる日本人にとって、手紙は書式をはじめ、文体、言葉遣いなどにも、細 ...

和の作法, 風習としきたり

長寿を祝う風習は、奈良時代ごろからあって、室町時代にはすっかり定着しました。
「人生五十年」とはいったものの、昔は短命で、平均寿命が四十歳くらいだったので、四十歳になると一族が集まって祝宴を開き、その後も十年ごとに「年祝い」を ...

和の作法, 風習としきたり

現在、贈答品を贈る場合は、たいていデパートや商店などで求め、包装から何から、お店のほうで行ってくれることがほとんどです。
そのため、贈答品の包装のしかたも忘れられがちですが、包み方としては、慶事と弔事の場合で使い分けるのが正式 ...

和の作法, 風習としきたり

取引先など仕事相手と会う際に、手みやげを用意したことがある人は多いと思います。
手土産が会話のきっかけになり、仕事にもこれからのお付き合いにも良い効果があるかもしれません。
ただ、生身の交流が希薄になりがちな現代におい ...

和の作法, 日本語と言霊, 言葉の作法, 風習としきたり

ビジネスでは、初対面で取引先などに与える印象が、その後の仕事を左右することが少なくありません。
一方で初めて会う時は緊張したり、話す内容に悩んだり、苦手と感じる人は多いものです。
初対面にどんな準備をし、どう対応をすれ ...

和の作法, 風習としきたり

8月も半ば、夏の帰省の時期がやってきます。
夫婦、特に妻にとっては気乗りしない人もいるかもしれません。
自分の実家なら気楽に行けるけど、夫の実家となると何年たっても気を使うものです。

手土産は何がいいか、自 ...

和の作法, 風習としきたり

名刺はビジネスの現場に限らず、最近ではサークル活動など場所を選ばずに、挨拶時に必要な道具の一つになっています。
デザインもじつに多様で、その人自身や所属する企業や団体の特長を表すものが多い。

ビジネスの現場では、初 ...

和の作法, 風習としきたり

特別大切な儀式のときに身につける服を、礼装といいます。
現在では、男性は黒羽二重、染め抜き五つ紋付の長着に、羽織、袴を使ったものが第一礼装とされています。
いつの時代も儀式の時には、特別な服装をする風習が、日本に限らず ...