日本語と言霊,言葉の語源

楽譜

人間の心のありようを表現した言葉の由来をたどっていくと、仏教に由来する言葉がたくさんあります。
人が精神的な象徴に頼らざるを得ない動物であることを、思い知らされます。

 

「しゃかりき」は釈迦力と書 ...

日本語と言霊,言葉の語源

雨あじさい

雨といえば六月から七月半ばまで続く、雨量の多くなる「梅雨」という言葉がすぐに浮かびます。
さらに夏から秋にかけては、入道雲から飛び出す「稲妻」も雨を伴う自然現象です。
また旧暦で考えると、なぜその漢字があてられたのかが ...

日本語と言霊,言葉の語源

すり鉢

食事、料理中に無意識に使う言葉には、調べてみると意外な由来があるものです。
「ごちそうさま」を漢字で書くと「ご馳走様」ですが、食事はゆっくり食べるのがいいのになぜ「走る」という文字が使われているのでしょうか?

また ...

日本語と言霊,言葉の語源

鰹

料理に欠かせない魚といえば、鰹と鰯。
どちらも焼き魚や刺身や煮付けだけでなく、和食に欠かせない旨みを引き出す「だし」を採る際には不可欠な食材です。
漢字に注目してみると、なぜ魚へんにこの漢字が組み合わされたのか?その由 ...

日本語と言霊,言葉の語源

閻魔大王

ヘックション!とくしゃみをすると「誰かが噂をしているのでは?」と疑うのは現代人。
昔の人にとってくしゃみは、とても恐ろしい凶事でした。その理由は・・・

くしゃみの語源は、厄除けの呪文だった

昔の人は、くしゃみに対して ...

日本語と言霊,言葉の語源

風邪の神

ちょっと熱っぽい、喉が痛む、咳が止まらないというのは風邪の典型的な症状です。
でもたいていは一週間以内には、ほぼ治ってしまいます。
現代人にとって風邪は、怖い病気ではありません。
しかし昔の人にとっては風邪は、 ...

日本語と言霊,言葉の語源

三十三間堂の雷神

初夏から晩秋にかけて雲行きが怪しくなると鳴り響く「ゴロゴロ」と言う音。
雷の音と光の怖さは、万国共通です。
そんな自然現象を古代の日本人がそのままにしておくはずがありません。
実に様々な表現へと姿を変えて、現代 ...

日本語と言霊,言葉の語源

Thumbnail of post image 044

人は華やかなものや、目立つもの、つまり派手なものに憧れを持っています。
もしかすると心の中に何かを打ち破りたいという思いが潜んでいるのかもしれません。
自分がそうなれないから憧れるのではなく、自分も、そうなりたいから憧 ...