日本語と言霊, 言葉の語源

田舎に行くと朝、どこからともなくコケコッコーの声で目覚めることがあります。
そうで無くても日常的に卵を食べたり、卵を使った料理を食べている私たちにとって、鶏は鳩と雀と同じくらい身近な鳥類です。

そんな鶏と日本人の関 ...

日本語と言霊, 言葉の語源

「大福餅」といえば、甘党の人が目を輝かす、庶民的な和菓子の代表ということになる。
じつはこの「大福餅」、もともとは「腹太餅」と呼ばれ、味のほうも砂糖気のない、現在のものとはまったく違った菓子であった。

「腹太餅」は ...

日本語と言霊, 言葉の語源

「山田の中の一本足のカカシ」や畑のまん中に、背筋を棒で支えられ、稲穂やトウモロコシの背よりも高くかかげられている案山子。
稲が育ち実をつけるようになると、24時間立っているわけにはいかない農家のために、鳥避けの番をしてくれる頼 ...

和の作法, 日本語と言霊, 言葉の作法, 風習としきたり

ビジネスでは、初対面で取引先などに与える印象が、その後の仕事を左右することが少なくありません。
一方で初めて会う時は緊張したり、話す内容に悩んだり、苦手と感じる人は多いものです。
初対面にどんな準備をし、どう対応をすれ ...

日本語と言霊, 言葉の語源

マグロ丼、マグロ巻きと言わずに、どうして「鉄火」という言葉を使っているのでしょうか?
「鉄火」と聞くと、焼き入れして真っ赤になった鉄の状態をイメージしますが、その赤い色をマグロの身の色に例えたのでしょうか?
そうとも考 ...

日本語と言霊, 言葉の作法, 言葉の語源

人の行動や表情を見て思わず言ってしまう言葉があります。
とくに迷惑な行動をする言葉には、意外な由来があるものです。
日頃から無意識に使っている言葉も、ちょっと調べてみると面白い。

「しけたつら」

『しけたつら ...

日本語と言霊, 言葉の語源

「羊羹」といえば和菓子の羊羹が思い浮かびます。
でも現在のような練り羊羹の形になったのは、安土桃山時代になってから。

羊羹のもともとは、中国で作られた「羹(あつもの)」で、ことわざにあるように熱い吸い物の意味になり ...

日本語と言霊, 言葉の語源

へぼ医者を「やぶ医者」「やぶだから・・・」とは、よくいう。
その名称の通り、医者を装って詐欺をしたり、医療を施しても薬を処方しても病人を治すことができない自称医者のことをいいます。

そして、時代劇にも表は藪医者を装 ...