「羊羹」といえば和菓子の羊羹が思い浮かびます。
でも現在のような練り羊羹の形になったのは、安土桃山時代になってから。

羊羹のもともとは、中国で作られた「羹(あつもの)」で、ことわざにあるように熱い吸い物の意味になり ...

へぼ医者を「やぶ医者」「やぶだから・・・」とは、よくいう。
その名称の通り、医者を装って詐欺をしたり、医療を施しても薬を処方しても病人を治すことができない自称医者のことをいいます。

そして、時代劇にも表は藪医者を装 ...

夏になると、日本各地の海水浴場も若者や一家そろっての海水浴客で連日にぎわいます。
海に出かけて水を浴びることは古くから「潮浴(しおあび)」「潮湯治(しおとうじ)」「しおあみ」「しおゆあみ」などの名でよく行われていました。

夏の風物詩といえば清涼感のある風流な言葉もありますが、あまり歓迎したくない言葉もあります。
それは「台風」。
字面を見ても、実際の気象現象を想像することはできません。
なぜ、だいかぜという漢字をあてたのでしょう ...

人間の心のありようを表現した言葉の由来をたどっていくと、仏教に由来する言葉がたくさんあります。
人が精神的な象徴に頼らざるを得ない動物であることを、思い知らされます。

 

「しゃかりき」は釈迦力と書 ...

雨といえば六月から七月半ばまで続く、雨量の多くなる「梅雨」という言葉がすぐに浮かびます。
さらに夏から秋にかけては、入道雲から飛び出す「稲妻」も雨を伴う自然現象です。
また旧暦で考えると、なぜその漢字があてられたのかが ...

食事、料理中に無意識に使う言葉には、調べてみると意外な由来があるものです。
「ごちそうさま」を漢字で書くと「ご馳走様」ですが、食事はゆっくり食べるのがいいのになぜ「走る」という文字が使われているのでしょうか?

また ...

料理に欠かせない魚といえば、鰹と鰯。
どちらも焼き魚や刺身や煮付けだけでなく、和食に欠かせない旨みを引き出す「だし」を採る際には不可欠な食材です。
漢字に注目してみると、なぜ魚へんにこの漢字が組み合わされたのか?その由 ...