言葉の語源一覧

末成り、縁台将棋、おあいそ、おみおつけなど懐かしい日本語の意味と語源を学ぶ

普段何気なく使っている言葉でも、振り返ってみると「この言葉はどういう意味なのだろう」と考えてしまうことが時々あると思います。 先輩上司と飲みに行った時、そろそろ終わりかなという時に先輩が店員に「おあいそ、お願いします」と言いました。「おあいそ」ってなんだろう?

塩梅、いただき立ち、いっちょうらなど懐かしい日本語の意味と語源を学ぶ

使い勝手の良い製品に対して「これは良いあんばいだなぁ」、食事の席で休養ができた時に「いただき立ちで失礼します」、「今日着てる服は僕のいっちょうらなんだよ」とスーツを自慢したり、10年間修行した家具工房から独立する際に師匠から衣鉢を継ぐなど、使うけどその言葉の由来は知らないことがあります。

徒花、あられもない、行火など懐かしい日本語の意味と語源を学ぶ

あの女優は時代の徒花だね。あの女優のあられもなく肌を露出している。こんな寒い日は行火を用意しようかな。 これを読まれている人の中で、実際に同じように表現したり、または年上の人から言われたのを聞いたりしたことがあるのかな? 今なら思わず「えっ?」って意味がわからずに聞き返してしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク