病院へのお見舞いのマナー

病院に入院している患者への御見舞に、昔なら病院に行く前に花を購入してから持っていったものですが、現在、花は院内持ち込み禁止にされています。 御見舞に対する常識が変化しているので、これまでの常識も含めつつ、御見舞のルールを整理してみましょう。

出産祝いや入学入園のお祝いの常識

親類、知人への出産祝いや入学入園祝いに何を贈ればいいのだろうか? 商品を選ぶと個人の好みもあるだろうし、かえって迷惑だろうか? それでは現金や商品券を贈って自由に選んでもらうほうがいいのか? いや、それでは手を抜いているとか、心がこもっていないと思われそう。やっぱり現金はイヤラシイかな。 何を贈れば良いのか? 常識として語られていることを整理してみましょう。

便所をきれいにすると美しい子が生まれる-日本に伝わる迷信の意味-

今のような水洗トイレでは、ピンと来ない話ですが、昔は排泄物を川へ流したり、畑の肥料に使ったりしていたので、常に私達の排泄物も自然の循環の中に組み込まれていたのです。 だからその神聖な場所であるトイレを美しく保つようにするのは、当然のことだという意識が芽生えるのもわかるような気がします。

塩梅、いただき立ち、いっちょうらなど懐かしい日本語の意味と語源を学ぶ

使い勝手の良い製品に対して「これは良いあんばいだなぁ」、食事の席で休養ができた時に「いただき立ちで失礼します」、「今日着てる服は僕のいっちょうらなんだよ」とスーツを自慢したり、10年間修行した家具工房から独立する際に師匠から衣鉢を継ぐなど、使うけどその言葉の由来は知らないことがあります。

徒花、あられもない、行火など懐かしい日本語の意味と語源を学ぶ

あの女優は時代の徒花だね。あの女優のあられもなく肌を露出している。こんな寒い日は行火を用意しようかな。 これを読まれている人の中で、実際に同じように表現したり、または年上の人から言われたのを聞いたりしたことがあるのかな? 今なら思わず「えっ?」って意味がわからずに聞き返してしまうかもしれませんね。

「神主」と「巫女」の仕事

ご祈祷や行事がある時に神主の様子を見ていると、独特な歩き方やお辞儀の仕方など、様々な作法が在ることに気づきます。 そして巫女は奉納舞を踊ったり、両職とも修行が必要な仕事です。 身近で知っているようで、実は遠い存在で何も知らない神主と巫女という職業について学んでみましょう。

スポンサーリンク