長寿を祝う日本の風習

長寿を祝う風習は、奈良時代ごろからあって、室町時代にはすっかり定着しました。
「人生五十年」とはいったものの、昔は短命で、平均寿命が四十歳くらいだったので、四十歳になると一族が集まって祝宴を開き、その後も十年ごとに「年祝い」をしたといいます。

長寿祝い

スポンサーリンク

還暦祝い

江戸時代には数え年で六十歳になると、公私ともに隠居するようになり、六十一歳の「還暦の祝い」が人生のケジメとなりました。

現在は、満六十歳で還暦を迎えますが、昔は数え年で年齢を数えていたため、六十一歳でふたたび生まれた年の干支に一回りして戻る、つまり還暦ということになりました。

そこで、この年齢に達すると一族が集まって「生まれ直すこと」を祝い、赤ちゃんのときに着ていたような赤い頭巾とちゃんちゃんこを贈って、無病息災と長寿を祝福したのです。

還暦祝いに贈るプレゼントの相場

「贈り物の金額の相場」は、金額的な決まりなどはありません。
お祝いを贈る相手と、自分の関係などが一つの判断材料になると思います。

一般的には親や親族など、身近な人の場合は金額にさほど神経質になる必要はありません。
自分の親に還暦祝いを贈る場合、手軽にメッセージカードを贈るのも十分な贈り物となりますし、それが相手に失礼となることもないでしょう。
また、高額のプレゼントを贈りたい場合なども、相手には素直に喜んでもらえることと思います。

一方、普段お世話になっている人や恩師などの還暦を祝う場合は、あまり高額になりすぎるものは控えたいところです。
極端に高額なものなどを贈ると、かえって相手に気を遣わせてしまうことになりますので、安すぎず、高すぎずといったところが無難なのではないでしょうか。

でも基本的に贈り物は、相手に喜んでもらえそうなものを贈る気持ちに載せて選びたいものです。

【メンズ】こだわり作務衣!“シンプル”「作務衣と履物のセット」3988円(サンキューパパ)ギフト対応可♪(ic)【送料無料】【あす楽対応】 作務衣 さむえ さむい 父の日ギフト プレゼント

価格:3,988円
(2014/9/2 12:30時点)
感想(63件)

長寿のお祝い

長寿のお祝い。古希、喜寿、傘寿

還暦に続く長寿の祝いは七十歳を祝う「古希(稀)」で、これは中国の詩人・杜甫の「曲江詩」の一節にある「人生七十古来稀なり」にもとづいています。

七十歳の祝いの次は、七十七歳の「喜寿」の祝いで、「喜」の略字が看竺と七を重ねて見えるところから来ています。

以降、八十歳の「傘寿」は、「傘」の略字が「牛」と八と十に見えることに、八十八歳の「米寿」は、「米」の字が八十八に見えることに、九十歳の「卒寿」は、「卒」の略字が「卒」と九十に見えることに由来します。

九十九歳の「白寿」は、「百」から「こを取ると「白」になることから来ています。

そして、百歳の祝いの「百賀」は、文字通り「百歳」を「賀する」(祝う)という意味です。

スポンサーリンク

シェアする