サラリーマンは、塩の男?

今では働く人のことをビジネスマンと言うようになりましたが、まだ「サラリーマン」という言葉も根強く残っています。
海外でも「サラリーマン」という言葉はありません。
日本だけの和製英語なのです。

wa0012

スポンサーリンク

サラリーの語源はラテン語の「塩」

愛想のない態度を取ると「塩対応な人」と言われるようにあまり良い意味ではありません。
しかし、古代において「塩」はとても貴重な宝でした。

フランスに「食卓に塩がないのは、口の中に唾液がないのと同じだIヤヌス・グルテルス『詩華選』という言葉がありますが、塩なくして人の命は保てないのです。

塩は人の命の糧、そこで、生活の糧である俸給の意味に、「塩の値段」を意味する「Sal a Rium」をあてたのです。

塩(Salt)はローマ時代にはラテン語のSal、そして、塩の値段が「Sal a Rium」。
つまり、サラリーとは、ローマ時代に兵士に与えられた塩の値段という意味。

サラリーマンという語が使われ始めたのは大正時代頃。
当時はホワイトカラーと同意語のように用いられ、事務労働の給料生活者をさすことが多かったようです。

ちなみに、会社で働くサラリーマンの楽しみである「ボーナス」という言葉は、ラテン語の「Bonus」からきたといわれています。

ポヌスとは、「いいもの」という意味。
日本ではじめてボーナスを支給したのは、明治九年、三菱商会。
しかし、そのボーナスも全職員に出たわけではなく、幹部だけだったという。
各企業にボーナス制度ができたのは明治も中ごろになってのことです。

アベノミクスで日本経済もやや上向きになってきたとはいえ、それが一般サラリーマンの月給やボーナスに反映されるようになるには、もう少し先のようです。

スポンサーリンク

シェアする