カレンダーの大安吉日にみる六輝の意味と吉凶占い

カレンダーやスケジュール帳を見ると、大安、仏滅などの六輝が記載されているものがあり、私たちに比較的身近なものだと思います。
「結婚などの祝いごとは、大安に行なうのがよい」
「たいせつなことは、仏滅の日を避けて行なうべきだ」
といった話をよくしませんか?
実はこの六輝という占いはあまり厳密なものではありません。

日本の占術

スポンサーリンク

六輝とは、6日周期の日の吉凶を記したもの

この占いは、6日を単位として、先勝から赤口までの六輝を、機械的に並べたものなので、四柱推命やホロスコープほど厳密なものではない。

◎先勝(せんしょう、さきかち)

意味/先んずれば勝つ。午前中は吉で午後は凶。早ければ良い。万事に急ぐことが良い。

由来/当初は「速喜(そっき)」と呼ばれていたものが「即吉(そっきち)」となり、さらに「先勝」へと変化した。

◎友引(ともびき)

意味/凶事に友を引くという意味があるので葬儀は慎む日とされています。その他の事では何事も引き分けで勝負のつかない日。朝晩は吉、正午のみ凶。一方、結婚式には友を引くとして喜ばれる。

由来/当初は「留連(りゅうれん)」と呼ばれた。「勝負なき日と知るべし」と書かれている文献があり、何事も勝ち負けのつかない引き分けの日という意味で「共引」となり、「友引」に変化。

◎先負(さきまけ、せんぷ)

意味/先勝の逆で先んずれば負ける。勝負事や急用はなるべく避け、万事控え目が良い。午前中は凶、午後は吉。

由来/本来は「将吉(しょうきち)」と曰ふ名称で、読んで字のごとく“吉日”とされていた。それが、「小吉」・「周吉」へと転じて、さらに「先負」に変化。

◎仏滅(ぶつめつ)

意味/仏も滅亡するような最悪な日。全てに凶。特に婚礼などの祝儀は良くない日。

由来/「空亡(くうぼう)」、「虚空(こくう)」と呼ばれていたものが「物滅(ぶつめつ)」に変わり、さらに転じて「仏滅」に変化。

◎大安(たいあん)

意味/大いに安しの意味で万事に用いて吉。婚礼などの祝儀には特に良い日。

由来/「泰安(たいあん)」と書かれていたものが「大安」に変化。陰陽の陽気が伸張している状態で、安らかな日。

◎赤口(しゃっこう、せきぐち)

意味/午(うま)の刻(正午を中心とする2時間:11時~13時まで)のみ吉で他は凶、祝い事には大凶とされている。火の元に気をつけようとも言われている。赤い血を連想させるので大工、板前など刃物を使う人は要注意とされる日だった。

由来/陰陽道の「赤舌日(しゃくぜつび・しゃくぜつにち)」に由来し、「赤口」という名称が付けられた。吉田兼好が書いた『徒然草』の第九十一段では、これを否定する内容が書かれている。

六輝の歴史

陰陽五行説を中心とした日本の占術は、原則として人をいくつかの性質に分けたうえで、その性質と年月日、方角との相性によって吉凶を占うかたちをとっています。
だから、誰にとってもよい日や、誰にとっても悪い日は存在しないはずです。

六輝は中国の占術です。
陳元観という学者が、北宋朝の末にあたる12世紀はじめにあみ出したものだといわれています。

この六輝が、江戸時代なかばの日本で流行しました。

六輝は新しい占術で、きわめて雑なものにすぎない。
また六輝ほど知られていないが、28日周期で二十八宿を並べた占術の不成就日や三隣亡の日を、あらゆる人にとっての凶日とする占術もあります。

日本の伝統的な占術の目的と、占い師に課せられた使命

陰陽五行説がらみの日本の伝統的な占術は、きわめて複雑な計算のうえに成り立っています。

原理は簡単そうにみえても、専門家でないと正確な吉凶はつかめません。

長期に占術にかかわった者は、必ずこういった悟りに達するという。
「徳を積んだ者には必ずよい報いが、悪事を犯した者には間違いなく悪い結果がくる。
小手先でごまかそうとしても、人力ではどうにもならない。
占術とは、占いを受ける者にどのようにすれば人びとに喜ばれる行為ができるかを、教えるものである」

だから占術に通じた者は、自然界を動かす大きな力を感じることになります。

それは、人間の小さな知恵ではつかめない、不可解なものかもしれません。

この大きな力は、神々とよぶべきものなのか。

そのために占術によって、いったん不思議な力の存在を知った自分の占術の知識を、少しでも世の中のために役立てようとつとめなければならない。

日本人なら知っておきたい陰陽道の知恵
自然の摂理と調和し、心豊かに生きる方法
(KAWADE夢新書)

森羅万象の成り立ちや、その因果関係を“東洋の経験科学”から説明した「陰陽道」。その考え方は、さまざまな年中行事の根拠となり、漢方治療、気功、風水、九星占術などに発展した。いまなお私たちの暮らしに深くかかわる陰陽道の全貌と意義を、わかりやすく解説している。

陰陽五行と日本の民俗
日本の民俗や古社の祭の中には、古代中国の哲学、陰陽五行説や易に基づく様々な仕掛けや呪術が盛り込まれていることを明らかにした著作。
相克説による対雷、対震、対風といった呪的解釈が目立ちます。
日本人がひとたび陰陽五行説を理解したとたん、本家の中国をしのぐほどの多様性でもって、様々な場所で活用してきたことがわかる1冊。

スポンサーリンク

シェアする