お葬式のしきたりと和の作法(1)

お葬式

人間は生まれてから死ぬまでの間に、多くの儀式を経験します。
冠婚葬祭はその代表的なものですが、なかでも「慶事と弔事が重なるときは、弔事を優先しろ」といわれるくらい、死者を弔い、冥福を祈ることを重要と考えてきました。

死者を弔うにあたっては、宗派の別なく、地方によっての違いなど多くのしきたりがありますが、いずれも日本人ならではの宗教観、祖先信仲が形となって表れています。

スポンサーリンク

末期の水は、なぜ死者に飲ませなければならないのか?

人生の臨終期を迎えて医師などから死の宣告を受けると、「末期の水」といって家族や兄弟姉妹など縁の深い近親者が順番に、脱脂綿やガーゼを水に浸して亡くなった人の唇につけてあげます。

末期の水は、もともと仏教では「死に水」といい、あの世では食事をしたり水を飲むことができなくなると考えられています。そこで死に際して、水をとらせて冥土に送りだすという思いが込められており、この世に残る者たちとの最後の別れの儀式でもあるのです。

死装束は、なぜ着物を左前に着せるのか?

末期の水がすむと、ガーゼや脱脂綿をぬるま湯かアルコールで湿らせ、遺体を拭いて清めます。
これを仏教では「湯潅」といい、昔は家族たちが遺体をたらいに入れて、ぬる湯で洗い清めましたが、最近では葬儀社が取り仕切ることが多くなっています。

湯潅がすむと女性ならば薄化粧をし、男性ならばヒゲを剃るなどの死化粧をして、遺体に「死装束」を着せます。
昔の死装束は、袷の小袖や雄子を着せました。

また、仏教では極楽浄土へ旅立つということから、白の手甲、脚紳、草鮭に杖を持たせ、六文銭や穀物などを入れた頭陀袋をかけるなどもしました。
六文銭を持たせるのは、あの世に行くときに、三途の川にかかる橋の渡し賃が必要だと考えられたためです。

ちなみに、三途の川は冥土へ行く途中にあり、川には緩急の差のある三つの瀬があると考えられています。
善人は六文銭で橋を渡れますが、軽い罪人は浅瀬を、悪人は深い瀬を渡らなければならず、生前の行いしだいで、渡る場所も違っていたのです。

現在の死装束は、白無垢や紋服、あるいは亡くなった人が愛用していた寝巻きや浴衣などを着せるのが一般的です。

着替える際には、普段とは逆の合わせ方である左前に着せます。
これは、あの世に行ってから生者と死者の見分けができるようにとの思いが込められており、非日常的な、死の世界へ行くことを象徴しているのです。

お葬式の時に遺体を北枕に寝かせる理由は?

死者が出たとき、通夜の前に、菩提寺(先祖を弔っている寺) などの僧侶を招いて読経してもらうことを「枕経」といい、最初の仏事が行われます。

この際、死者の枕元に仮の祭壇である「枕飾り」をしつらえます。
仏式の場合は、遺体を北枕にし、顔に白い布をかけ、扉風があれば「逆さ扉風」といって上下逆さに立てます。

枕を北にするのは、釈迦の入滅(死去すること)に由来しているといいます。

釈迦が北を頭にして死去したことから、北を向いて寝るのは死者を意味すると考えるようになったためです。
しかし、神式でも同じように北枕にしますから、必ずしも仏式だけの習慣ではありません。

また、遺体の前に扉風を逆さに立てるのは、死装束を左前にするのと同じように、非日常な死の世界へ行くことを象徴しているといいます。

枕飾りの形式は宗派によって違いますが、一般には遺体の枕元に白布でおおった小机を置き、その上に花かシキミの枝を差した一輪ざし、一本線香、一本ロウソクなどを添えます。
シキミは毒草で邪悪なものを退けるといわれており、死者を邪霊から守るために使われます。
また、一輪、一本とにこだわるのは、「二度とあってほしくない」という意味が込められているといいます。

さらにここに、故人が生前使っていた茶碗にご飯を山盛りにし、箸を突き立てて供えることもあります。
これを「仏前飯」「一膳飯」などといって、極楽浄土に旅立つ前に、死者が腹ごしらえをするためのものです。
なお、枕飾りは、通夜前の納棺時までそのまま飾っておくのが一般的です。

スポンサーリンク

シェアする