きれいな「奥様」のヒミツ

あなたは他人のパートナーのことを何と呼んでいますか?
名前で呼ぶ?奥さん?奥様?彼女?
また、自分のパートナーのことはどうでしょう?
名前?ママ?奥さん?お母さん?

立場や習慣によって、いろいろな呼び方があると思います。
昭和の市場では「奥さん、今日のアジは生きがいいよ。買ってってよ」なんていう掛け声が市場に飛び交っていたものです。

住宅地の営業周りのビジネスマンなら「奥様でいらっしゃいますか?」の一言を糸口とするのが普通です。

大奥とは

スポンサーリンク

「奥様」は旗本の妻だけをさした呼び方

奥さんと奥様では多少のニュアンスの違いはあるものの、人妻に対しての世間の呼称です。

江戸時代に「奥」といえば、将軍、大名、旗本などの身分の高い武家の屋敷において、主人が寝食、休憩をする場所を指します。

つまり「奥」は主人や奥女中が住むところで、とくに将軍家の場合は「大奥」と称しました。
映画やドラマにもなっているので、よくご存知かと思います。

そんなところから、江戸では旗本の妻を「奥様」と呼びました。
それが、大阪などで富商や医者の妻も「奥様」と呼ぶようになり、次第に庶民の間でも呼称として広がったそうです。

「女房」という呼び方は、朝廷につかえる女官の部屋、または女官の呼称で、紫式部、清少納言なども、夫のあるなしにかかわらず「女房」と呼んでいました。
これが後には貴族や将軍家につかえる女性の呼称になり、江戸時代には妻の意味となったという。

「細君」は、現在では「(君の)細君は元気ですか?」というふうに、人妻のことを指しますが、もとは他人に対して自分の妻をいう言葉でした。

細君、家内、奥方、うちのやつ・・・現代の若い夫はパートナーを名前で呼ぶのが普通ですが、子供ができると「ママ」に変わります。
これは、大人になりきれない男性の象徴的なことなのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする