食事から神の霊力が体内に入るほど、神と深く交わり合う直会の風習

「神撰」「神供」といえば、神前に供えるお酒や供物のことで必ず神様に食べ物や飲み物をお供えする風習があります。
神様が食事を召し上がっている間は、灯明を灯したり、篝火を焚いたりします。

昔は照明といえば、火しかありません。
火は明るさだけでなく暖かさももたらすだけでなく、ケガレを焼き蕨うという意味もあります。

wa0014

スポンサーリンク

神に供える特別料理は、特別に清らかな食材を種から育てることからはじまる

日本人の賓客をもてなす時の心遣いや、作法の原点が神様を祀ることにあります。

まず、祭りの時には最高の素材、山海の珍味を揃え、清らかに調理して、特別料理を捧げます。
特に重要なのは米で、神供用の米は「宮田」「神田」「初穂田」「祭り田」などと呼ばれる特別な田でります。
神職など特定の家が耕作したり、その年の頭屋が交代で耕作したり、村で共同耕作したりしますが、下肥は絶対に使わず、不浄な者の立ち入りを禁じ、神聖な米を作ることに徹します。

神に供える酒もこの田の米で醸したもの。

ご飯は清浄な水と火で炊き、炊きたてを供えます。
伊勢の神宮、春日大社といった大きな神社や古い神社では、うず高く盛りつけたり、円柱状にしたりと、一目で神撰とわかる形にします。
また、赤飯、餅、おはぎ、握り飯、乗(生米を水につけてすりつぶしたもの)などにして供えるところも多い。

私たちが赤飯を見て「めでたい」と感じるのは、それが元々神撰のための特別な調理であることをなんとなく潜在的に知っているからです。

今でも地方の旧家などには、祭り用の特別な鍋釜や膳椀を持っているところがあり、神の食事は、調理法も、器も、盛りつけ方も、常の日とは変わった形にしました。

神と飲食を共にする「直会」

今では、祭りの後に、神撰を下ろして神職や氏子が食べる酒宴を「直会(なおらい)」といっている所がほとんどですが、本来は「嘗め合い(なめあい)」が転じたもので、神と人とが一緒に食事をすることであり、祭りの中心行事でした。

同じ瓶から注いだ酒、同じ釜で一度に炊いたご飯など、神様用に作った物をお裾分けしてもらい、神に供えたすぐ後で、神の御前で食べるのです。

直会は神と人との最も大切な接触で、神様用の食物を通じて神の霊力が体内に入り、神と深く交わり合うことができるのです。

スポンサーリンク

シェアする