女性には嫌も応もなかった「見合い」

昔は男女の出会いから結婚に至るまで、本人たちの意志に関係なく家同士の話し合いで決められていました。
本人もそれが当たり前だと思っていた時代です。

現代でも「お見合い」と名前がついたパーティーや、結婚相談所がありますけど、あくまでも本人の意志が尊重されたものです。
それを考えると、昔のお見合いは家単位の意志を尊重する厳かな儀式だったのかもしれません。

wa0004

見合結婚が一般的になったのは、江戸時代のことです。
今のように男女が自由に恋愛することは、あまり好ましくないと思われていた時代です。
大名とか家柄・財産のある大きな家柄どうしは、戦乱の世が収まっても経済的な駆け引きを考える政略婚の風習が残りました。

では、下級武士や町人や庶民はどうなのかというと、この頃から「見合いによる結婚」が広まってきたといいます。

スポンサーリンク

見合いの語源について

見合いの語源は「めあい」、つまり、妻合わすという意味で、もともとは今のような形式ではありません。

まず仲人が両家のつりあいなどを考えて話をすすめ、家同士の話がほぼ決定したところで、仲人は男を伴い、女の家に行きます。

そして、女が茶を出す様子や立ち振舞を男が見て、「これならよし」と自分の妻にするに相応しいと思えば、出された茶を飲むとか、扇子や持ち物を置いてくるという仕組みでした。

これが「妻合わす」ということです。

「出された茶を飲むかどうか」というところに、男の意思が尊重される部分があるものの、女性のほうの気持ちはまったく無視されていました。

かと言って当時の女性たちは、不公平感を感じたり、女性に生まれたことを不幸に思っていたかというと、そうでもないようです。
「家族」「親族」「ご近所」という人間同士のコミュニティの絆が現代と違いますから、お互いに幸せに感じられることのほうが多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする