「まんじゅう」怖い?和菓子の起源は恐ろしい?日本語の語源

wa0248

日本人の好きな和菓子の代表と言えば「まんじゅう」です。
昔から数多くの種類のまんじゅうがあり、何か流行するとそれにちなんで○○まんじゅうというのが必ず販売されます。
外見は違っても基本的には中身があんこの非常にシンプルな作りは共通していることが多い。
ただシンプルさ故に、素材にこだわり、品質に格段の違いがでてくる和菓子でもあります。

スポンサーリンク

「まんじゅう」の世にも恐ろしい語源

まんじゅうは、昔から庶民の好物だったが、起源は何とも恐ろしい。
古代中国では、水神への生け贄の人の頭を用いていた。
それを三国時代三百年ごろ)、諸葛孔明がやめて、羊と豚の肉を細かく切り、麺(小麦粉)に包み、人の頭をかたどって祭ったのが、まんじゅうのそもそものはじまりといわれています。

日本にははじめ大和時代(700年頃)に中国から伝わりました。
また、現在のまんじゅうの起源としては、南北朝時代に宋の林浄因という人が、京都建仁寺の龍山禅師を慕って日本に帰化して塩瀬氏と名乗り、奈良で作りはじめたのが、塩瀬鰻頭、奈良鰻頭のはじまりといわれています。

中国で孔明が作ったのは肉まんでしたが、塩瀬鰻頭は塩あんでした。
日本で、すぐに肉まんをマネなかったのは、肉食を嫌う僧侶たちの意向によるものだったようです。
したがって、野菜や豆を入れた塩味のものを「まんじゅう」と称していた。

今のような小豆飴の甘い「あんまん」ができたのは、室町時代末期になって砂糖が普及してから。
江戸時代になって一般にも広まり、いろいろの鰻頭が作られるようになりました。

室町時代は2種類しかなかったまんじゅう

室町時代に中国から最新の文化を学んできた禅僧が、点心などの新しい調理法や、味噌・しょうゆ・砂糖などの調味料を伝えたとされます。饅頭などの和菓子は、この頃に生まれました。

室町時代末期には、現在の饅頭の原型(酒饅頭)が出来ていたようです。

wa0249

皮は、小麦粉を甘酒で発酵させてつくったもので、当時は高価な砂糖を使った砂糖饅頭と、塩味で野菜を煮たものを包んだ菜饅頭の2種類あったようです。当時は砂糖が輸入品であったため高価で、甘い饅頭は珍しかったようです。

嘉永6年(1853)の『近世風俗志(守貞漫稿)』の「饅頭」の項によれば 「昔は菜饅頭・砂糖饅頭の二制あり。何時よりか菜饅頭は廃れて、今は砂糖饅頭のみなり。今の饅頭、表は小麦粉を皮とし、中に小豆あんを納る。小豆は皮を去り砂糖を加ふ。砂糖に白黒の二品あり。白を白あんと云ひ、黒をくろあんと云ふ。(中略)昔は諸国ともに菜饅頭廃し、その後は塩饅頭と云ひて小豆あんに塩を加へたり。(中略)近世は鄙といへども皆専ら砂糖万十なり。文化以来、やうやうかくのごとくなり。」 とあり、江戸時代の初めには菜饅頭と砂糖饅頭の二つの系統であったものが、塩饅頭を経て19世紀初めの文化年間に入るともっぱら砂糖饅頭が普及していったことが分かります。

江戸時代には現代と変わらない庶民の味に

江戸時代になると、饅頭好きの将軍や大名が数多くでてきて、各地で自慢の名物饅頭がうまれていった。
葛饅頭、そば饅頭、栗饅頭など「蒸し饅頭」がこの当時にうまれたとされています。

落語の「饅頭恐い」や「東海道中膝栗毛」などでも饅頭がでてきて、庶民の文化として饅頭が身近なものになってきた。

現在老舗といわれている和菓子の有名店は、この当時に多く出現しています。

饅頭は現在、贈答品・お土産品として使われているが、この当時からそのような使い方をされていたようだ

今日、饅頭・羊羹・柏餅とともに小豆あんの欠かせない大福餅は、「鶉焼(うずらやき)(鶉餅(うずらもち))」あるいは「腹太餅(はらふともち)」という大ぶりなあん入りの餅がもととなって江戸で考案されたといわれています。

wa0250

その創製は明和8~9年(1771~72)とも寛政年間ともいわれているが、もともと鶉焼も腹太餅も小豆の塩あんであったという。

安永6年(1777)刊の、江戸名物評判記『土地万両』の餅菓子の部から饅頭屋を拾うと、中橋の林氏塩瀬を「日本第一番まんぢうのおやだま」とし、本町の鳥飼和泉の九重まんぢう、浅草金龍山の米(よね)まんぢうをあげています。

和泉町虎屋高林には「下戸連を嬉しがらするきんとんもち」とありますが、虎屋は中村座や市村座に出入りの店で、顔見世興行の時には木戸の前に饅頭の蒸籠を積み、饅頭屋として知られていました。

江戸時代の菓子製法書『菓子話船橋』(1841)には、求肥饅頭・吉野饅頭・旭饅頭・朧(おぼろ)饅頭・腰高饅頭・玉子饅頭・薯蕷(じょよ)饅頭・葛饅頭などの作り方があり、饅頭の酒(甘酒)で小麦粉をこねてつくる饅頭の皮の作り方も詳しく記されています。

以上、「まんじゅう」怖い?和菓子の起源は恐ろしい?日本語の語源の紹介でした。

スポンサーリンク

シェアする