日本人の衣替えと収納ケースの歴史

wa0189

従来は6月1日になると、学校や職場の冬服をいっせいに夏服に替える衣替えがみられるのが基本です。
そして10月1日には、夏服を冬服にする衣替えを行ないます。
衣替えは、四季がはっきりしていた日本ならではの風習だと思いますが、最近は気候の変動が激しくて四季の移り変わりの余韻に浸る間もなくガラリと変わってしまいます。また、冷暖房が完備された社会で暮らしていいると、肌身で四季を感じることも薄れてきたように思います。
この様な現代にあって、衣替えというのはどんな意味を成すのでしょう。日本人が大切にしてきた衣替えの風習を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

季節感の曖昧な現代と、はっきりしていた平安時代

冷房が発達した今日では、一年中スーツで過ごす職場も多くなっています。地球温暖化防止の政策であるクールビズの影響で薄着のビジネスマンもいますが、それでも礼を大切にしている日本人にはなかなかラフな風習は受け入れにくいもののようです。
そのために夏場の会合で、男性がネクタイを着用する作法もまだまだ根強く残っています。

そのために会合の主催者は、参加者が上着で過ごせるように、会場の温度調節に気を配ることになります。

仕事場でも家庭でも、冷房と暖房の発達によって、現代の日本では季節感があいまいになりました。ごく近年までは、誰もが季節にあわせて衣服を調整していたのに。

平安時代の宮中では、4月1日と10月1日に、現在の衣替えに相当する「更衣」を行なっていました。このために、当時の貴族は4月1日から9月末日までのあいだは、裏のない単衣を着用しました。

そして、10月1日から3月末日までは、綿入りの衣服であわる袷を用いました。そのために4月1日の更衣は、「綿抜」ともよばれていました。

江戸時代の年4度の衣替え

毎年一定の日取りを決めて、夏服と冬服とを使い分けるのは便利でなこと。そのた
めに、更衣の習俗は大名などの有力な武家にも広まりました。

江戸幕府では、年に四回の衣替えが行なわれたといいます。

これは江戸の町が寒かったために、4月1日から夏服にするのが季節にあわないとされたためです。当時は現代と違って、平均気温も低く、また旧暦で考えていたので現代の2月下旬頃の気候と考えればいいでしょう。

幕府では、端午の節句と同日にあたる5月5日から8月晦日まで夏服が用いられました。

当時の一枚の布からなる夏服は、唯子(かたびら)とよばれました。そして4月1日から5月4日までの期間と、9月1日から9月8日までの期間に、袷が着用されました。

この時代の袷は裏地のついた衣服をさす言葉であり、平安時代の袷のような綿をつめたものではありません。そのため江戸時代には、9月9日から3月末日まで綿入れが用い
られたことになります。

このような年4回の衣替えは、冷暖房のない時代の和服で体温を調節するのにもっとも適したものでした。

そして明治時代以降に、洋装にあわせた6月1日と10月1日の衣替えが広まったのです。
このような衣替えは、おのおのが勝手な服装をとるのではなく、一定の秩序に沿って統一された服を着用することによって、一つの職場の人間の連帯感をつよめるためのものであったともいわれています。

先人の知恵に学ぶ衣替えのコツ

昔から行われてきた知恵で、冬服や夏服を収納するのは、2~3日晴天が続いた日を選ぶのがいいと言われています。晴天が続けば湿度も低くなります。そうすると衣類を虫やカビから守るのに、とても具合がよいのです。

そして昔の日本人は、染み抜きの達人であり、着物や和服の取り扱いの達人でした。
とても物を大切にしていたので、長く保管したり、修繕の方法もその家々で代々伝えられてきたのです。

<衣類の〈衣替え〉は、まず汚れを取る>

衣類を食べる虫は、何でもエサにしてしまう雑食性。衣類に付着した食べ物のカスやしみもエサにします。トマトや果物の汁、牛乳、紅茶なども大好物。だから、まず汚れを落とすこと。

<晴れた日に虫干しにする>

太陽が持つ殺菌力を活かして虫干しをすると、湿気も消えます。

<衣替えの衣類の収納>

ぎゅうぎゅう詰めをしない。収納後は2週間に1度くらいは戸を開けて、風を通すこと。防虫には、上記の風通しをよくしておきながら、杉の木の板を敷いて置いたり、吊しておくとよい。杉の香りは防虫効果があるので、虫を寄せ付けません。

効率のよい伝統的な収納ケース

●行李

行李 (こうり)は、竹や柳、籐などを編んでつくられた蓋付きのもの。衣類の保管・収納に用いられるだけでなく、旅行用の荷物入れにもなり、半舁(はんがい)とも呼ばれました。弁当行李もあります。

行李には、たくさんのものが蓋が盛り上がるほど入れられて、それを麻縄で結んで使います。柳行李や、竹行李、紙を貼って柿渋を塗った渋張行李(しぶはりこうり)などがあります。

wa0190

篠竹行李 
【岩手二戸】

価格:18,000円
(2015/5/21 17:40時点)

●長持・櫃

長持や櫃は、大名行列などでよく描かれています。現代風に言うとキャリーバッグ。あの中に、あらゆるものを入れて移動しました。運ばれた長持や櫃などは、目的地に着くと、そのまま「収納箱」として用いることができます。
今ほど交通インフラが発達していなかった頃の日本は、山が多くて馬車道が整備されていなかったので、どんな荷物も人の肩に担いで運ばれることが多かった。だから、一つ一つの収納ケースは、持ち運びやすいようにコンパクトに作られていました。

●タンス

タンス (笥)が現れたのは、江戸時代の寛文年間(1661~1673年)からだといわれます。それまで衣服は、竹製の行李や、木製の長持や櫃などの「箱」に収納されていました。
それらとタンスの違いは、引き出しがあること。それによって、いろいろな衣類と持ち物を効率よく収納できるようになりました。
江戸経済の発展で、人の生活が豊かになり、持ち物が家の中にあふれ出したのが、タンスが流通しだした理由のようです。

昔、タンスは、「担子」という漢字があてられ、持ち運び可能な「箱」 のことをいいました。しかし引き出し式のタンスが登場して、「笥」の漢字があてられるように変わりました。
タンスび数え方は変わっていて、棹(さお)という語を使って数えます。
その由来は「箪笥」という漢字があてられるようになったあとも、両脇に棹通し金具がつけられていて、長持と同じように、棹を通して持ち運べるようになっていたころから。

スポンサーリンク

シェアする