臨終を迎えて末期の水のあと、死者の遺体を清めて通夜の準備を行ないます。
現在では、このあたりの作業を葬儀社に行なってもらうことが多いので遺族が遺体を触ることはありません。

遺体は、丁寧にぬるま湯で体を洗う「湯潅(ゆ ...

葬儀は、遺族が死者に対する感謝の気持ちをあらわすための行事です。

それは自分の父母もしくは夫や妻、祖父母から受けた恩を思い、死者がやすらかに眠ることを祈るものです。

中には死者をよくまつらないと崇られるとか、盛 ...

招待客は結婚式や披露宴の帰りぎわに、引出物を渡されます。家族への手みやげとしての引出物は、今日の結婚式に欠かせないものです。

昔の農村の披露宴では、家族どうし付き合いのある相手の家族全員を宴会に招きました。

酒 ...

現在は、結婚式に続けて披露宴がひらかれる場合が多く、内輪で結婚式をあげたあとに、親戚や友人を大勢招待して大がかりな宴会をひらくことがあたりまえになっています。

この披露宴の由来は、花嫁を地域社会に紹介する農村の行事が元になってい ...

日本の伝統的な結婚式は、新郎もしくは新婦の家に親戚縁者を招いて盛大な宴会を開きます。これは家の守り神をまつり、その神に結婚の報告をするという意味があります。

しかし明治時代以後に、神社で夫婦の誓いをたてる神前結婚式がさかん ...

お通夜は、親類や特別に親しい知人があつまり、故人とともに一夜を過ごす儀式です。このお通夜は、告別式の前に済ませるもので、現在では告別式の前夜に行なわれることが多い。

本来は、夜になって邪霊が遺体のまわりに寄ってくるのを防ぐための ...

「菓子はいつ、どうやって食べるの?」「茶わんを回すのはどうして?」。お茶の作法には疑問がいっぱいです。
年末年始、訪問先や寺などで抹茶を供されることもあります。
茶席と聞くと緊張してしまうけど、最低限の予備知識があれば ...

通夜や告別式に参列する際、遺族に贈る金銭や物品などを香典といい、「香莫」とも書きます。「香」は「お香」、「糞」は「供える」という意味です。
仏事では、もともと花や供物とともにお香を供える習慣がありました。そのため、通夜や告別式 ...