和の作法, 風習としきたり

感謝やお悔やみなど、その方への気持ちを形に表わしたものが贈り物です。
贈り物はもともと、神様への捧げ物でした。
それがやがて、お中元、お歳暮というように、お世話になった方に贈るようになったのです。

収穫物を神様に ...

和の作法, 風習としきたり

友達に限らず自分にとって大切な人を自宅に招く場合、きちんと準備をしてお迎えをしたいもの。
自宅というのは、そこに住む人の個性や暮らしぶりが直接伝わる空間です。
特に始めてお迎えする人なら、あなたの印象をどうとらえてくれ ...

和の作法, 風習としきたり

人間関係を円滑にする作法の基本は、相手を敬う姿勢と意識に尽きます。
しかし日本人は、そういう気持ちを直接言葉で伝えることが苦手です。
もし良好な人間関係を築きたい、誰からも好まれるような人になりたいと思うなら、敬う気持 ...

和の作法, 風習としきたり

今の社会では大人も子供も常識がない、行儀がなっていない、という声をよく耳にします。でもそう言っている大人たちは、果たして行儀作法ができているだろうか?また行儀作法を他人や子供に伝えているだろうか?

昔は社会生活から日常生活 ...

和の作法, 風習としきたり

訪問先の玄関を上がったら、部屋に通されるまでの振る舞い方も大切です。親しい間柄でも、そうでなくても、もし相手がご家族とお住まいなら、知らないうちに見られて品定めをされているかもしれません。
気を抜かずに、とはいえリラックスして ...

和の作法, 風習としきたり

相手のお宅に訪問するのに、手ぶらで行くというのも気持ちが落ち着かないものです。ちょっとしたものでいいので、手土産を持って行く方がいいかもしれません。
一般的に手土産は、お菓子やお酒など<消えてしまうもの>がいいと言われています ...

和の作法, 風習としきたり

日本の武士道と同じようなものとして、ノブレス・オブリージュという言葉が使われることがあります。
これは欧米社会の基本的な道徳観ともされ、高貴な身分にともなう義務のことで、高い地位にある者はそれにふさわしいふるまいをしなければな ...

和の作法, 風習としきたり

他の地方の人から見ると関西人は、他人の領域にずかずかと入ってくると言われますが、実はそうではありません。昔から貴族文化が発展していた京都、商業が盛んであった大阪、宗教文化の拠点であった奈良など、関西人は人と人との交流には特に気を遣って ...