和の作法, 風習としきたり

人間関係は挨拶で始まり、挨拶で終わると言っても過言ではありません。

挨拶は、もともと仏教用語で、禅宗用語でした。僧たちが質問をしあうことで、お互いの悟りの深さを測る行為。
そこから、お互いの心を押して開くという意味 ...

暦と歳時記, 風習としきたり

春分の日は昼夜の長さが同じになります。
この日には、お墓参りなど仏事を行う人が多い。
古来から日本人には「祖先を敬う」という風習が根強くありました。
そこに仏教思想が加わって、現在のようなカタチになりました。 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

3月3日は、女の子の節句として人形を飾る風習がある「雛祭り」です。
近頃は、「出したり仕舞ったりするのが面倒」だとか少子化の影響で、雛人形を飾る家庭が減ってきているそうです。

単に「季節の飾り物」という認識しか無け ...

暦と歳時記, 風習としきたり

私たち日本人は、季節感をとても重視しながら暮らしています。
特に春夏秋冬の季節の変わり目を大切な節目として考え、心身ともに健康な状態で次の季節に移行できるようにしています。

中でも一番気にするのは、寒い冬から待ち遠 ...

暦と歳時記, 風習としきたり

三月三日の「ひな祭り」は「上巳の節供」ともいわれています。
五節供の一つです。

女の子の節供と決められたのは、江戸時代。
それよりずっと昔は女の子だけでなく、男の子もいえ、大人も参加していたのです。 ...

暦と歳時記, 風習としきたり

年末や、新生活のはじまる前の3月には、新しい手帳を購入したり、カレンダーを新調したりする習慣が誰しもあると思います。

毎日、何を見てもどこを見ても、「今日は何日なのか」という暦を常に意識しながら私たちは暮らしています。

伝統と地方文化, 風習としきたり

お祝儀を贈る際に使う袋や、贈り物を包む際には水引がつけられていることを誰もが知っていると思います。
色も紅白なので、何となくそれがおめでたい時に使う「しるし」的なものなのだろうという認識ぐらいはあります。

簡易的な ...

和の作法, 風習としきたり

私は正座が苦手です。
日本での暮らしも昔のように畳の上に座る生活から、椅子に座っている時間の方が長くなりました。
そのため正座をする機会が少なくなり、改まった席なので正座をするとすぐに足がしびれてしまいます。 ...