和の作法, 現代の暮らし, 風習としきたり

日本に観光や仕事で訪れる外国人は、東京オリンピックを目の前に増える一方です。

そのため私達日本人が、外国人と交流する場も増えてきました。

日本には「郷に入っては郷に従え」ということわざがありますが、それを外国人 ...

現代の暮らし, 風習としきたり

たまには日常から離れて、非日常の空間を楽しむことが日頃のストレスの発散にも、気分転換にも効果的と言われます。

日々忙しい人にとっては、旅行まではできないけれど、感性のリフレッシュのために観劇や美術鑑賞を堪能するのがいいと、 ...

現代の暮らし, 風習としきたり

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあるように、いくら友達だからといって無作法に振る舞ってはいけません。

まだ付き合って間もない頃は、お互いに気を使うものですが、だんだん付き合いも深まってくるとお互いの性格も嗜好もわか ...

現代の暮らし, 風習としきたり

就職をしてはじめての職場に来た時、配属先が変わって違う職場に来た時、最初は上司たちとどう接すればいいのか、コミュニケーションの接点がつかみにくいものです。

早く職場の環境に馴染んで、仕事がスムーズにできるようになりたいとい ...

日本語と言霊, 現代の暮らし, 言葉の作法, 風習としきたり

日頃仕事をしていく中で、取引先に謝罪をしなければならないことは、どんなに注意をしていても起こってしまうものです。

会社やお店を揺るがすような大きな事件ではなく、接客時の些細なミスでも、言葉遣いひとつでかなり印象が変わってし ...

現代の暮らし, 風習としきたり

子供がいる家庭では、子供を通して近所付き合いが始まったりします。

子供は無邪気なもので、自分の家庭のルールをそのまま他の家でも同じように振る舞ってしまい、自分の家庭の実態があからさまになってしまうことがあります。

現代の暮らし, 風習としきたり

最近は治安の理由から近所付き合いを敬遠する人もおられますが、地域の治安を良くするのも実は近所付き合いなのです。

昭和以前の時代には、町内の治安維持は近所付き合いがあることで成り立っていたといいます。常に人の目があるので、安 ...

現代の暮らし, 風習としきたり

1月から5月頃にかけて、進学や就職、転勤などを理由に新居へ引っ越しをする人が増えるといいます。

新居を決めるのも大変ですが、決めてから引っ越しして落ち着くまでは実際の労働が伴うだけに考えるだけで疲れてしまうものです。