現代の暮らし一覧

お出かけ先の作法「劇場、美術館、博物館など非日常空間での常識」

日々忙しい人にとっては、旅行まではできないけれど、感性のリフレッシュのために観劇や美術鑑賞を堪能するのがいいと、足を運ぶ人が増えているそうです。 その場に応じた服装や振る舞いを、少しでも知っていればよりリラックスして楽しみことができます。

友達付き合いの作法「親しき仲にも礼儀あり」

さりげない仕草や、無意識に言ってしまった言葉や行為で相手を傷つけてしまうこともあります。 大抵はすぐに気づいて仲直りできればいいのですが、歳を重ねるごとに自分のプライドが邪魔してすぐに謝ることができないことで、相手と距離を置いてしまって友人関係にヒビが入ることもあります。 良好な友人関係を長く続けるためにも、友達付き合いのマナーを知っておくことが大切です。

仕事の上司は怖くない。タイプ別の職場の上司との付き合い方

早く職場の環境に馴染んで、仕事がスムーズにできるようになりたいという気持ちがあるのはわかりますが、上司方とのコミュニケーションを誤ると、変な誤解を招いて仕事がとてもやりにくくなるだけでなく、仕事以外のストレスを溜めることにもなるので要注意。

近所付き合いの作法「転居前後の常識」

進学や就職、転勤などを理由に新居へ引っ越しをする人のために。新居を決めるのも大変ですが、決めてから引っ越しして落ち着くまでは、実際の労働が伴うだけに考えるだけで疲れてしまうものです。でも転居前後に行うことを整理しておけば、計画も立てやすく、気疲れすることもないでしょう。今後のためにもここで頭の中を整理してみましょう。

友達付き合いの作法「異性の友達との接し方」の常識

異性の友達とは同性の友達とは違って、無意識に何かしらの感情が湧き出てきます。 学生気分のうちはかわいいものですが、大人社会の異性の友達づきあいは、ちょっと慎重に振る舞うことが要求されます。誰にとっても異性の友達は大切な存在であり、長く付き合っていきたいもの。非常識な行為と受け取られないように、そこにある常識を身につけることが大切です。