伝統と地方文化, 風習としきたり

女の子の成長を祝う重要な行事に、十三参りがあります。
これは数え年で13歳になった子供が、旧暦の3月13日に虚空蔵菩薩をまつる寺院に参拝するというもの。

江戸時代にはすでにこの行事は、全国的に広まっていました。しか ...

伝統と地方文化, 和の作法, 風習としきたり

日本の伝統的な結婚式は、新郎もしくは新婦の家に親戚縁者を招いて盛大な宴会を開きます。これは家の守り神をまつり、その神に結婚の報告をするという意味があります。

しかし明治時代以後に、神社で夫婦の誓いをたてる神前結婚式がさかん ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

毎年、2月15日に七五三の行事が行なわれます。
これはその年に満三歳か満七歳になった女の子と、満五歳になった男の子の成長を祝うもの。

七、五、三の年齢の子供は、両親に連れられて氏神様とよばれる地域の守り神に参拝しま ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

子供が満一歳の誕生日を迎えたときの初誕生の祝いは、現在もひろく行なわれています。
この行事は、満で年齢を数えるようになった明治時代以後に広がったものです。

誕生日を祝いごととして、贈り物を贈り合う習慣は本来はキリス ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

現在、男児は生後32日目、女児は生後33日目に、お宮参りを行ないます。
それは子供と母と父方の祖母が、「氏神様」とよばれる地域の守り神に参拝する伝統的な風習です。

お宮参りの行事は、神道の家では欠かせないものですが ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

お七夜は、子供が誕生した後に、いちばん最初に行なわれるお祝い事です。
このころになると、出産を終えた母親の体調も安定してくることから、行われるようになりました。
現在でも、妻の実家などの家族と近い親戚が、お七夜に集まり ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

現在でも、妊娠五か月目の「戊の日の帯祝い」がひろく行なわれています。

この儀式は、「着帯式」ともよばれれ、帯祝いの日に、妊婦は胎児の無事な成長と安産を祈願して腹帯を巻きます。
このときに巻く腹帯は「岩田帯」とよばれ ...

伝統と地方文化, 日本語と言霊, 言葉の語源, 風習としきたり

現代でも、絶交したり仲間はすれにすることを「村八分」と表現することがあります。

現代ではほとんど死語になりつつありますが、少し前までは急に周りから無視されて「村八分にされた~」なんて冗談っぽく言うことがありました。