伝統と地方文化, 風習としきたり

人間は生まれてから死ぬまでの間に、多くの儀式を経験します。
冠婚葬祭はその代表的なものですが、なかでも「慶事と弔事が重なるときは、弔事を優先しろ」といわれるくらい、死者を弔い、冥福を祈ることを重要と考えてきました。

伝統と地方文化, 祝い事, 風習としきたり

普通に生活をしていると、それが縁起担ぎの行為であると知らずに行っている習わしがたくさんあります。
例えば手締めなどがそうです。お祝いの席で景気づけにおこなっていたり、場を締めるためにおこなっているように思いますが、これも古代の ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

結納とは、結婚に先立って新郎となる男性の側の家が、新婦となる女性の家に贈り物をする顔合わせの儀式です。

これは、結婚を「家と家との結びつき」としたうえで、結婚は「他家の娘を自家に迎えるものである」とする発想のうえにたつ行事 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

近年まで、結婚式に仲人は欠かせないとされていました。
仲人とは、式の場で男女のなかだちをつとめる年長の夫婦のことです。

見合い結婚の場合には、相性の合いそうな二人を引き合わせた夫婦が仲人になります。
仲人は ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

現在は、恋愛結婚が主流です。
だから見合い結婚というと、古風なすたれかけた風習であるかのように思っている人が多いのではないでしょうか。
結婚相談所もありますが、どうも引け目を感じている人もいると聞きます。

...

伝統と地方文化, 和の作法, 風習としきたり

招待客は結婚式や披露宴の帰りぎわに、引出物を渡されます。家族への手みやげとしての引出物は、今日の結婚式に欠かせないものです。

昔の農村の披露宴では、家族どうし付き合いのある相手の家族全員を宴会に招きました。

酒 ...

伝統と地方文化, 風習としきたり

昭和23年(1948)に、1月15日が成人の日として国民の祝日と決まりました。
また1月15日は、農村の重要な節目であった小正月の日にあたります。

小正月の日には、小豆粥を神に供えて豊作を祈願するという風習がありま ...

伝統と地方文化, 和の作法, 風習としきたり

現在は、結婚式に続けて披露宴がひらかれる場合が多く、内輪で結婚式をあげたあとに、親戚や友人を大勢招待して大がかりな宴会をひらくことがあたりまえになっています。

この披露宴の由来は、花嫁を地域社会に紹介する農村の行事が元になってい ...