参拝の作法「二拝二拍手一拝」

神社にお参りしている時にも、昔から伝わる参拝の作法があります。

何か困ったことがあったり、不安に感じることがあったりする際に、普通に人に相談する際には礼を尽くすと思います。

そうしないと、話も真面目に聞いてもらえませんよね? 神様に対しても同じです。

目に見えない存在だからと、粗末な態度でお参りをして、お願い事を相談したところで、聞いてもらえません。

目に見えない存在だからこそ、常にこちらを見られているという意識を持って、敬虔な態度で参拝するのが作法です。

神社の参拝方法

スポンサーリンク




神社の本殿に立つ前の作法

神社の入口には、石や木で作られた鳥居が建っています。この鳥居の意味をご存知ですか?

鳥居は俗界(私達の世界)と神域を区切る結界です。だから俗界から神域に入る参拝者は身を正し、清棒な心でもって鳥居をくぐらなければならないのです。そのための作法が決められています。

◎鳥居をくぐるときの作法

上体を少し前に屈して(お辞儀をする)、敬意を表わします。

この浅い「礼」を「揖(ゆう)」といい、「揖」は「拝」につぐ「礼」です。

◎鳥居から社殿に続く参道の歩き方

社殿に鎮座する神の正面にあたる参道のまん中を歩くのは避け、両端のいずれかを静かに歩くのが礼儀です。

◎手水の作法

神社の境内には「手水舎」という手と口を浄めるところがあります。

石などでできた水盤に水がたたえられていて、柄杓がおかれています。

参拝する前に必ず立ち寄って、手を洗って口をすすぎます。

これは禊が簡略化されたものと考えてください。禊とは、水で身についた罪やケガレなどを除くことです。

「手水舎」では、

①右手で柄杓に水を汲み、左手を浄めます。

②柄杓を左手にもちかえて右手を静めます。

③右手に柄杓をもちかえ、左手の掌で水を受けて口をすすぐ。

④再び左手を浄めます。

⑤最後に柄杓を斜めにして柄に水を流し、もとの位置にもどしておく。

より丁寧な作法は、手水舎に入る前とあとに、軽く礼をすることです。

そして柄杓に直接、口をつけるのは作法違反になるので注意してください。

神社手帖

◎祈願の作法

社殿の前に立ち祈願をするさい、費銭を饗銭箱に入れるのは神への供物の代わりです。

そのあと鈴を鳴らしますが、これは、これから祈願しますという神への合図のようなものです。

また、鈴には除魔の霊力があると信じられているので、神事には欠かせません。参拝の際には、鳴らすほうが好ましい。

続いて「二拝二拍手一拝」をします。

出雲、宇佐には「四拝四拍手」もありますが、一般には二回拝んで、二回手を打ち鳴らし、最後にもう一回拝むのです。

手を打つのは、和合の証しだといいます。

立ち去る前にもう一度、拝礼をして完了となります。

スポンサーリンク







シェアする